タイトルリンクバー HOME エーヤワディー川TOP
ビルマ 黄金ルートの旅
'04年8月

バガンの夕景 clickで拡大
バガンの夕景
 このページの内容 
◆おもな見どころ
◆'04旅日記から
◆ビルマ旅のパーツ
◆ビルマ雑記帳
 

 関連ページへのリンク 
◆見どころ
 (1)マンダレーとその周辺
(3ページ)

 (2)バガン遺跡(6ページ)
 (3)ヤンゴン(1ページ)
旅日記から(04年8月)
(8ページ)
  仏塔の建ち並ぶバガンの写真を見て、ぜひこの目で見てみたいと思いました。1987年当時の「ビルマ連邦社会主義共和国」政府は、7日間の観光ビザしか発行してくれず、首都ラングーン(ヤンゴン)、バガン、マンダレー、インレー湖という「黄金ルート」のうち3カ所行くのが精一杯でした。その時はビザまでとったものの、飛行機の席が取れず泣く泣くあきらめました。まもなく民主化運動、軍の政権掌握・・・と旅行する機会を失ってしまいました。
  本当は民主化されたビルマの地を旅行したかったのですが、もう待ちくたびれました。15年越しの「あこがれの地」バガンをはじめ、マンダレー、ヤンゴンと、いわゆる「黄金ルート」を今回初めて訪れました。

◆おもな見どころ
バガン
マヌーハ寺院 clickで拡大   アンコール、ボロブドゥールと並ぶ東南アジア3大仏教遺跡の一つ。11〜13世紀、上座部仏教を取り入れたバガン王朝は、エーヤワディー川に沿ったこの地にさかんに仏寺・仏塔を建立した。現在まで残った2000以上のパゴダが独特の景観をつくりだしている。
・バガンの寺院案内→こちら
・バガンの寺院の検索→50音順で検索  →年代順で検索
マンダレーとその近郊
ウーベイン橋 clickで拡大   ビルマ第2の都市で最後の王都だったマンダレーには、王宮あとをはじめ、王朝文化の香りが残っている。その近郊にもかつての王都、歴史のある小都市がいくつか点在する。
・マンダレー市内→こちら
・マンダレー近郊→こちら
上へ戻る

  2004年8月22日〜29日、初めてのビルマの旅を、行程を追って日記風にまとめました。
おもな日程 8月23・24日マンダレー、26・27日バガン
1日目から見る→こちら
  知っていると役に立ちそうな旅のパーツについてまとめました。
(1)ビルマへの道のり・交通機関→こちら
(2)飲食・泊・もっと知る→こちら
  旅の途中で思いついたこと、気づいたことなどをまとめてみました。「ふくろう」、「水の施し」など
→こちら
上へ戻る

リンクバー HOME エーヤワディー川TOP