タイトルリンクバー HOME タンルイン川TOP メーホンソーンTOP

メーホンソーン  旅 の パ ー ツ

  メーホンソーン旅行に必要な、交通機関や宿泊などの情報を紹介する。
  ※このページのデータは、2008年1月現在のものである。変更もあり得るので、事前に再度確認してほしい。

◇メーホンソーンへ
◇移動・観光
◇旅のヒント
 関連ページ 
◆見どころ
市内(1)
市内(2)
郊外
山岳民族の村々
◆旅日記から(08年1月)
◆旅のパーツ 行き方/移動・観光/旅のヒント...here

  チエンマイから直線距離は短いのだが、バスは2路線とも山地を大きく迂回するため、時間がかかる。航空機利用で時間をかなり節約できるが、山岳民族の人と一緒に途中の絶景を見ながら、のんびりバスの旅も悪くない。メーホンソーンが「地の果て」「辺境」という感覚が味わえるだろう。
(1)航空機    TG …タイ国際航空  DD …ノックエアー  9Q …PBエアー
[a] チエンマイ(CNX)←→メーホンソーン(HGN)…TG 1日2便 ・ DD 1日1便/所要35-40分
[b] チエンマイ(CNX)←→パーイ…DD 1日2便/所要30分
[c] バンコク(BKK)←→メーホンソーン(HGN)…9Q 1週3便/所要90分
(2)バス&ロットトゥー(乗合バン)   バスは、パーイ経由(小型普通バスのみ、所要6.5-7.5時間)と、メーサリアン経由(大型バス、エアコンつきもある、所要8-8.5時間)の2路線ある。一番早いのはロット=トゥー(乗合バン)で、パーイ経由で5.5-6時間で到着する。ロット=トゥーは予約制なので、繁忙期には早めに予約したい。
  以下にメーホンソーン発の時刻表を示すが、チエンマイ発も同じ本数が出発するはずだ。
メーホンソーン→パーイ→チエンマイ
ロットトゥー(チエンマイまで250B)*バス(チエンマイまで142B)
メーホンソーン発07000800090010301130123013301400*073010301230 14001600
パーイ     09001100120013301430153016301700*103013301500 17001930
チエンマイ着  12301400150016301700180019002000*150017001800 --------
メーホンソーン→メーサリアン→チエンマイ
バス(チエンマイまで180B)  a=エアコンつきバス(チエンマイまで337B)
a a a
メーホンソーン発0600080010301400200021002100
メーサリアン 1000120014301800240001000100
チエンマイ着 140016301900----043005300530
ふつうは[a]を使う。途中パーイへ寄る人は[b]も使えそう。ただし、メーホンソーン・パーイ間はバスのみ。[c]はバンコクからの直行便でとても便利。ただしハイシーズン(11-2月)のみの季節運行のようだ。(2008年冬-09年は運航されなかった)
上へ戻る

(1)市内
  小さい町なので、おもなところは歩いて回れる。空港から町までも十分歩ける。そのためか、トゥクトゥク、モーサイなどはほとんど見かけなかった。
(2)郊外   見どころはいずれもメーホンソーンの町から距離があるうえに、それぞれの場所どうしも離れている。公共交通機関(バスや乗り合いソンテウ)があっても本数が少ない。自動車やバイク等がなければ、メーホンソーンの町でツアーを組んで参加する。
  町にはたくさん旅行会社があるので、気に入ったところを探せばよい。参考までに、私たちが利用した旅行会社 Rose Garden Tour の例をいくつか挙げておく。
半日ツアー2-3人4-5人6-8人
a) 市内の3つの寺院とタム=プラー500B400B300B
b) 船で「首長族」の村(バーン・ナムピアンディン)950800700
c) 車で「首長族」の村(バーン・フアイスアタオ)700600600
d) 車で「首長族」の村(バーン・ナイソーイ)950850650
1日ツアー2-3人4-5人6-8人
e) 船で「首長族」の村、象乗り、ワット=プラタート・ドーイコンムー170014001000
f) 国民党の村、パースア滝、モン族の村、タイヤイの村、タム=プラー1250 850 600
g) モン族の村(マイクロウェーブ)、「首長族」と「耳長族」の村、赤カレン族の村170014501000
h) タム=ロート、タム=プラー、リス族の村、黒ラフ族の村、ビューポイント145012501000
料金は1人当たり。入場料等はあらかじめ確認すること。ガイド付きか運転手のみでも当然料金は違う。
私たちは、f)とd)を組み合わせて、1700Bだった(入場料全て込み)。ガイドなしなら1450Bと提示された。
ただし、ワット=プラサート・ドーイ・コンムーへは上りになる。ふもとから20-30分ほど歩くので、暑い日中はしんどいかもしれない。
こちらの希望で可能な限りアレンジもできる
※左記旅行会社を2日間利用したが、ガイド氏にも恵まれ、とてもよかったと思う。場所はメイン通りの7-11の並び。応対は英語・タイ語だが、日本語のパンフもある。HPは、www.rosegarden-tours.com 。 上へ戻る

(1)宿
・町には、ゲストハウスも手ごろなホテルもたくさんある。
・しかし繁忙期は要注意! 年末年始はタイ人観光客で一杯だった。心配な方は予約することをお勧めする。
・いざとなれば……「メーティーホテル」(ワット=フアウィエンの隣り)と、「サヤームホテル」(町の北、バスターミナルの近く)には空室があった。
(2)旅の季節 ・乾季の朝は相当冷え込む。タイ人は「寒さ」を体験しに来るらしい。またたくさんの花が咲きそろう。一番のハイシーズンなので、宿も観光地も込み合う。
・盆地のため、暑気は厳しい暑さになり、40度を超えることもあるそうだ。
・雨季には未舗装の山道は不通になることもある。山岳民族の村などへの訪問は制限されるかもしれない。
上へ戻る

リンクバー HOME タンルイン川TOP メーホンソーンTOP