title
  HOME  »   Bangkok TOP  » 都会のオアシス
都会のオアシス 2
カムティエン夫人の家 บ้านคำเที่ยง 
 このページの内容 
◇建物の概要
◇見どころ
 関連ページへのリンク 
◆都会のオアシス
 スアン・パッカート宮殿
 カムティエン夫人の家◄now 
 ククリット氏の家
 タイマッサージ
Khanthieng's House Click to enlarge
バンコクで北タイの雰囲気を味わう
  おもしろいけど、暑いし、うるさいし、空気の悪いバンコク。そんなとき、ふっと一息つきながら観光できる場所をいくつか紹介したい。
  カムティエン夫人の家は、19世紀の北タイ・ランナータイ様式の伝統的家屋を移設したもので、緑に囲まれ、北タイの田舎町にいるような雰囲気を味わえる。入口の喫茶店「Black Canyon」に座って眺めてもいい。

◇建物の概要 
Khanthieng's House Click to enlarge
向こうの本棟と手前の別棟がある
  カムティエン夫人の家は、150年以上前にチェンマイに建てられたランナータイ様式の家屋で、40年ほど前、ここにあるサヤーム協会の敷地内に移築され、民族学博物館として公開している。
  家の中には、北タイの日用品や様々な道具も展示されており、彼らの精神世界の理解をもめざしている。
Khanthieng's House Click to enlarge
家の中の展示
Khanthieng's House Click to enlarge
家の中の展示
Khanthieng's House Click to enlarge
【場所と行き方】
BTSアソーク駅、または地下鉄スクンウィット駅下車。スクンウィット通りとアソ-ク通りの交差点(アソーク交差点)から、アソーク通りを北へ徒歩約5分のところ、左手にある。

【入場】
開館:9:00-1700
  日曜・月曜・祝日は休館
入場料:外国人100B

参考資料
入館時にもらえるタイ語のパンフレット
UP

◇見どころ 
  生活に密着した道具や、精霊信仰に関わる民具の展示が充実している。民具は、竹製であったり、漆塗りであったりで、日本のものとも相通じるものがあり興味深い。
  ビデオもあって退屈しない。「Gekkoの冒険」というトッケイが主人公のアニメは、北タイの精霊信仰がわかるようにつくられていておもしろい。
  庭は小さいが品よく手入れされており、隣合う喫茶店「Black Canyon」でお茶でも飲みながらゆっくり眺めたい。
Khanthieng's House Click to enlarge
台所
Khanthieng's House Click to enlarge
床下の展示 魚捕りの道具
Khanthieng's House Click to enlarge
ゲッコーの冒険のビデオ
UP

  HOME  »   Bangkok TOP  » 都会のオアシスUP