タイトルリンクバー HOME バンコクTOP 次ページ

バンコクを移動する (1)   鉄道

鉄道路線図 内容
BTS(スカイトレイン)
MRT(地下鉄)
国鉄
 関連ページへのリンク 
バス
水上交通
タクシー&似たもの
  バンコクには実に多種多様な乗り物があるので、時と場合に応じて上手に乗りこなしたい。
  鉄道は、地理不案内な人の強い味方だ。とくにここ10年、BTS(スカイトレイン)とMRT(地下鉄)が相次いで開通し、暑さと渋滞を避けて移動できるようになった。
←バンコク鉄道地図

  ガンガンに冷房を効かせた列車が渋滞知らずでスイスイ走る。当初は運賃が高く、先行きが心配されたが、このところのバス代の値上げで割高感も抑えられ、すっかり市民の足として定着したようだ。
►►►運賃と所要時間
初乗り15B  日中はおよそ5分間隔で運行
スクムウィット線 モーチット--オーンヌット間 40B 28分
シーロム線 サナーム・キーラーヘンチャート--サパーン・タークシン間 30B 12分
►►►切符の種類
1回券 / 1日券 120B / スカイパス(suicaカードタイプ・回数券タイプ=詳細は右欄)
いずれも名刺大の磁気カードになっている。
►►►利用方法
(1)切符の購入--1回券は自販機、他は窓口で購入。なお、ほとんどの自販機は紙幣は受け付けないので、窓口でコインにしてもらう。
(2)切符を自動改札機に通すとゲートが開く。すばやく閉まるので、さっと通ること。
(3)ホームには係員がいる。黄色い線をはみ出るとピッピーッと笛を吹かれて注意される。
(4)改札内・列車内は禁煙、禁飲食。
(5)自動改札を出る時、1回券は回収される。他の切符は返却される。
スカイトレインの階段 クリックで拡大 ►►►要改善点
(1)運賃が高い。2人以上だとタクシーの方が安いということも。
(2)階段の上り下り。エスカレーターは一部しかない。しかもエスカレーターは一方向のみで、そこには階段がない。つまり、上りエスカレーターがあるところから降りられないので、ぐるりと迂回する羽目になる。(エレベータがある駅もある)
スカイトレイン クリックで拡大
オフィシャルサイト→here 1999年12月5日開通。
・駅には飲食物を売る店がたくさんあるが、自動改札機付近から中は飲食禁止。トイレもない
・回数券 20回券440B 30回券600B 40回券800B 有効期間30日 新規発行手数料 30B
・suicaカードタイプ 最低100Bから 新規発行手数料 30B
車体は派手な広告ラップが貼られているので、外の景色は見にくい。
上へ戻る

  こちらももちろん冷房付きで渋滞なし。開業当初、けが人を出す衝突事故があったが、その後は事故はないようだ。
►►►運賃と所要時間
初乗り15B(カード14B)  運行時間 6:00-24:00 朝夕は5分間隔、他は10分間隔で運行
フアラムポーン--バーンスー間 39B(カード35B) 30分
►►►切符の種類
1回用トークン(500円玉くらいの大きさの黒くて丸いトークン) / 複数回用カード(suicaカードタイプ=詳細は右欄)
運賃はカードの方が少し安くなっている。
MRT クリックで拡大 ►►►利用方法
(1)切符の購入--1回用トークンは自販機、カードは窓口で購入。
(2)トークン、カードは自動改札機に軽くタッチするとゲートが開く。BTSより閉まる速度は遅い。
(3)ホームは転落防止のため透明の扉が設置され、列車が来ると開くようになっている。
(4)改札内・列車内は禁煙、禁飲食。
(5)自動改札を出る時、トークンは改札機の穴に入れ回収される。カードはタッチするとゲートが開く。
MRT クリックで拡大 オフィシャルサイト→here 2004年7月3日開通。
・suicaカードタイプ 最低200Bから 新規発行手数料 30B
・階段にはエスカレーターが設置され、スカイトレインのような不便さは感じない。
・駅構内にはショッピングモールがあり、買い物や食事もできる。(すべての駅にあるか確認していない)
上へ戻る

  郊外と市内を結ぶ路線は、通勤通学用の貴重な足になっており、国鉄もそれを意識したダイヤを組んでいる。列車は3等で、冷房はない(マハーチャイ線の一部列車は冷房付き)。ただし市内の移動には使いにくい。
►►►運賃と所要時間
初乗り2B  
北本線(ドーンムアン、ランシット方面) フアラムポーン--ランシット間 6B 約60分
東本線(フアマーク、フアタケー方面) フアラムポーン--フアタケー間 7B 約55分
マハーチャイ線 ウォンウィエンヤイ--マハーチャイ間  10B(冷房付25B) 約60分
►►►切符の種類
1回券 / 定期券 
►►►利用方法
(1)切符の購入--窓口で購入。列車の発車近くでないと売ってくれない。
(2)改札はない。列車に乗ると車掌が検札に来る。降りる時も改札はない。
►►►要改善点
競合するバスに勝つためには (1)本数を増やす。(2)スピードアップ が必要 
オフィシャルサイト→here
現在建設中のエアポートリンクは、スワンナプーム空港から東本線に平行し、BTSパヤータイ駅に連絡する予定である。
上へ戻る

リンクバー HOME バンコクTOP 次ページ