title
  HOME  »   Bangkok TOP  » バンコクまち歩き
バンコクまち歩き 1
いにしえのバンコクを歩く(前半) เกาะรัตนโกสินทร์ 
 このページの内容 
民主記念塔からスタート
ラーマ3世記念広場とマハーカーン砦
「黄金の丘」プーカオトーン
「鋼鉄の宮殿」ローハ=プラサート
仏具街とサオ=チンチャー
◆◆これ以下は「後半」のページ
ワット=スタットで瞑想
もと刑務所の矯正博物館
インド寺院・中国寺院
締めくくりはアイスクリーム

 関連ページへのリンク 
◆バンコクまち歩き
 いにしえのバンコクを歩く◄now
 乗合船で行くプラカノーン運河
  日々変わりゆくメガポリス・バンコク。そんなバンコクで、昔ながらの雰囲気を残す場所を訪ねてみよう。
  チャオプラヤー川の対岸・トンブリーからバンコクに王都が移されたのは1782年。その直後から開かれた古い地域(ラッタナコーシン島という)が王宮の東側に残っている。繁華街が東へ移ってしまった今、この辺りは時代から取り残されたような建物が並び、けだるい雰囲気が漂う。
このページの記述について
1)2002年8月以降、数回訪ねた記録がもとになっています
2)以下の文献を参考にさせていただきました
・友杉孝 著『図説 バンコク歴史散歩』河出書房新社、1994年
・近石広信 著『バンコクなっとく遊歩術』凱風社、2000年
後半のページへgo to the next page

◇民主記念塔からスタート  อนุสาวรีย์ประชาธิปไตย
RatchadamnoenSt. Click to enlarge ラーチャダムヌーン通り
マハーカーン砦の交差点から
民主記念塔方面
Democracy Monument Click to enlarge 民主記念塔
高さ24m、基壇長さ24mで、いずれも革命の日付にちなんでいる
  出発点は、カーオサーン通りにほど近い民主記念塔(アヌサーワリー・プラチャーティパタイ)がいいだろう。バスで容易にアクセスできるし、広々としたラーチャダムヌーン通りのロータリーに、乳白色の羽根4枚が建っている姿は遠くからでもよくわかる。タイのキロポストの原点にもなっている。また、この付近はタイの現代史において、数々の事件の舞台になった場所でもある。訪ねる前に現代史の下調べをしておくと、感慨深いものになるだろう。
1932年6月24日、文武官僚からなる人民党が起こした立憲革命を記念して、ピブーン首相(1938-44,48-57年)時代の1940年に完成した記念碑である。
なおピブーン首相は、ラーチャダムヌーン通りをパリのシャンゼリゼ通りをめざして整備した。民主記念塔はいわば「凱旋門」だろうか。たいへん広い通りで、いつ来ても中央分離帯の緑地には国王夫妻の肖像画がずっと並んでいる。
14 October Memorial Click to enlarge当時の写真などの展示 14 October Memorial Click to enlarge10月14日追悼碑   現代史に関連して、10月14日追悼碑が民主記念塔の西200m、ラーチャダムヌーン通りに面してある。この事件で犠牲になった72名の犠牲者を追悼している。当時の写真なども展示され、興味深い。
民主記念塔と現代史
「民主主義」の象徴として、1973年10月の学生革命(タノーム軍事政権の崩壊)、1992年5月の「暗黒の5月事件」(スチンダー政権によるデモ鎮圧)、そして2010年4月の反独裁民主連盟(赤シャツ)の集会弾圧など、流血事件の舞台となった。
up

◇ラーマ3世記念広場とマハーカーン砦  ลานพลับพลามหาเจษฎาบดินทร์,  ป้อมมหากาฬ 
RamaIII Pavilion Click to enlarge タイ語での名称は、ラーマ3世王の名にちなんで「マハーチェーサダーボーディン行在所広場」という RamaIII Pavilion Click to enlarge ラーマ3世記念広場
王の座像、迎賓館などがある
タイとブルネイの国旗が飾られていた(2002年)
  記念塔の東西にのびる道・ラーチャダムヌーン通りを東へ(10月14日追悼碑と反対方向へ)5分ほど歩いて、マハーチャイ通りとの交差点まで来ると、右手にラーマ3世記念広場が現れる。美しく整備された庭園の、左手にはラーマ3世王の像が、右手にはサーラー(東屋)、奥には宮殿様の建物が並んでいる。国王が外国の賓客を接待する場所らしいが、広場には自由に入れる。
2002年に訪れた時は、ブルネイ国王夫妻が来タイするらしく、ラーチャダムヌーン通りには両国国旗やブルネイ国王夫妻の肖像がずらっと並んでいた。ここでも行事があるらしく、たくさんの警官が物々しい警備体制をしいていた。
ラーマ3世記念広場
RamaIII Pavilion Click to enlarge建物修復中(2011年)

up
Canal boat pier Click to enlarge 「サパーン=パーンファー」乗降場
向こうがプラトゥーナーム方面
MahakanFort Click to enlarge 運河沿いに立つマハーカーン砦   その交差点には、大きな白いマハーカーン砦  がある。バンコク建都(1782年)とほぼ同時につくられた砦の1つで、オンアーン運河 คลองโอ่งอ่าง に面して、バンコクの東の守りを固めていた。つまり、建都当時はここがバンコクの東の境界だったわけだ。
  なお、当時は14の砦がバンコクを守っていたという。そのうち、カーオサーン通りにほど近いバンラムプーにある「プラスメーン砦」とここの2か所のみある。
マハーカーン砦のすぐ東側に、運河船の乗降場「サパーン=パーンファー」  がある。ここまで、プラトゥーナーム(セントラルワールドの北)からセーンセープ運河を運航する船で、15分ほど乗った終点である。
up

◇「黄金の丘」プーカオトーン  ภูเขาทอง  
PhuKhaoThong Click to enlarge
階段登り口にあるミニチュア
PhuKhaoThong Click to enlarge 小高い丘の上に金色の仏塔が輝いている   マハーカーン砦の交差点を右へ折れると、マハーチャイ通りである。左手前方に、ワット=プーカオトーンの金色に光る仏塔が、右手には黒い尖塔が何本も突き出ている異様な建物・ローハ=プラサートが見えている。まず、プーカオトーンから訪ねてみよう。
  プーカオトーンは高さ77mの小高い丘で、正式にはラーマ5世王の命名にしたがって「スワンナ=バンポット」 สุวรรณบรรพต という。いずれも「黄金の丘」という意味である。頂上にある釣り鐘型の仏塔は、遠くからでも眺めることができるランドマーク的存在で、ラーマ3世時代から5世時代にかけて、アユタヤーにあるプーカオトーンをモデルにつくられた。インドから招来した仏舎利が祀られている。バンコクに高層ビルが建ち並ぶまで、ここが最も高い場所だったという。
PhuKhaoThong Click to enlarge 隣のローハ=プラサートから PhuKhaoThong Click to enlarge 間近に見る黄金の仏塔   丘には螺旋状に階段が2か所設けられている。暑い中登るのは少々きつい。登り切ると、礼拝所や売店がある建物に着く。さらに建物内の階段を登ると、仏塔のあるテラスに出る。仏塔が金色に光ってまぶしく、地面も熱せられて歩くのも一苦労だ(建物内から裸足)。ゆっくり絶景を眺めるには、先ほどの建物へ下りた方がいいかもしれない。
  なお、この仏塔はワット=サケート วัดสระเกศ の一部である。南側に境内が広がっているので、時間があれば散策がてらお参りするのもいい。
プーカオトーンからの眺め(800x600px)
PhuKhaoThong Click to enlarge 南西の方向
左にワット=アルンや王宮が見える
PhuKhaoThong Click to enlarge 西の方向
左からバンコク都庁、ローハ=プラサート、民主記念塔が見える
PhuKhaoThong Click to enlarge 東の方向
すぐ手前がワット=サケート
ひときわ高いビルがプラトゥーナームのバイヨークスカイ
PhuKhaoThong Click to enlarge
仏塔の真下
仏舎利の容器だろうか
PhuKhaoThong Click to enlarge 仏塔の一角に「地権証明の栓、町のへそ」と書いてあった
ワット=サケート
アユタヤー時代の創建と考えられている古寺。もとはワット=サケーといったが、バンコクを建設したラーマ1世王が運河を開削したとき、この寺院を修復し名前を改めた。 up

◇「鋼鉄の宮殿」ローハ=プラサート  โลหะปราสาท 
Loha Prasat Click to enlarge 正面から見上げる Loha Prasat Click to enlarge 黒い鉄製の仏塔が個性的だ   マハーチャイ通りをはさんで、プーカオトーンの反対側には見たこともない建物がある。黒く輝く高い建物は同じく黒光りするたくさんの尖塔に囲まれている。このローハ=プラサート(「金属の宮殿」という意味)は、ワット=ラートナッタダーラーム วัดราชนัดดาราม の仏塔として建てられた。中へ入ると各階ごとに仏像が祀ってあり、最上階へ出るとすぐそこにプーカオトーンが見える。風通しもよく気持ちいい。
Loha Prasat Click to enlarge 最上階からの眺め
すぐ下がラーマ3世記念広場
Loha Prasat Click to enlarge 37個ある小チェディー
ワット=ラートナッタダーラームは、仏暦2389(西暦1856-57)年、ラーマ3世王が王のただ一人の孫・チャオソーマナットワッタナーワディーเจ้าโสมนัสวัฒนาวดี(彼女はのちにラーマ4世の最初の皇后となるが、その直後、わずか18歳で亡くなった)のために建てた。ラーマ3世王の考えによって、ふつうの仏塔(チェディー)のかわりに、宮殿風の建物が造られた。高さは36mで、悟りにいたる37の修行法(「三十七道品(どうぽん)」とか「三十七品菩提分法(ぼだいぶんぽう)」とか言う)にちなんだ37の尖塔のような小さなチェディーが建物の周りに据え付けられている。
  マハーチャイ通りへ戻り少し南下すると、右手ににぎやかそうな路地がある。路地へはいると何十軒という店が、大小様々な仏像やヒンドゥー神像、仏教関係の絵、プラクルアンとよばれるお守りなどを所狭しと並べていた。ラーマ5世王(チュラローンコン大王)の肖像も多く売られていたが、王はもはや神仏に並ぶ存在なのだろうか。
世界でただ一つの個性的な仏塔
このような宮殿風の仏塔は世界に3つあったが、インドとスリランカのものはすでに崩壊してしまったの。現在はここだけで見られる。
Loha Prasat Click to enlarge 仏舎利が祀られている容器だろうか
up

Thepthida Canal Click to enlarge 路地を入ると木造の家が並んでいた Thepthida Canal Click to enlarge テープティダー運河
狭いどぶ川のようだ
ちょっと寄り道
ローハ=プラサートからマハーチャイ通りを南へ行くとすぐ狭い運河がある。この運河沿いの道を右へ入る。しばらく行ってさらに右へ曲がると、古い木造の家々が並ぶ一角がある。昼下がり、とても静かなところで、バンコクにいることを忘れてしまう。

◇仏具街とサオ=チンチャー  เสาชิงช้า
BamrungMeuang St. Click to enlarge ずらりと並ぶ仏像 BamrungMeuang St. Click to enlarge 大小様々の仏像が売られている   再びマハーチャイ通りを南へ行って右へ折れ、バムルンムアン通りを西へ歩く。この通りの両側には、ずらっと仏具屋が並ぶ。金ぴかの仏像、黄色いバケツに入った僧への寄進セット、造花や色とりどりのお供え物などが売られている。見ていて飽きないが、仏像がこれほど置いてあるとありがたみはなくなってしまう。
Loha Vishnu Shrine Click to enlarge ヴィシュヌ神の祠。看板の文字はタイに多い南インドのタミール語ではなく、ヒンディー語だった   まもなく正面に大きな赤い鳥居のようなサオ=チンチャーが見えてくるが、その手前の細い道を左へほんの少し行くと、つい見過ごしてしまいそうな小さな祠が建っている。サーン=チャオケーク ศาลเจ้าแขก とよばれるヴィシュヌ神の祠で、インド系の人がたくさん参拝に来ていた。この祠といい、サオ=チンチャーといい、この辺りはバラモン-ヒンドゥーの気に満ちている。近くにはもっと大きなヒンドゥーの祠・デーヴァサターンもある。
  再びバムルンムアン通りに戻ると、目の前にサオ=チンチャーが現れる。1930年代までバラモン僧の儀式にブランコとして使われた。毎年、旧暦2月に天界から人間界を訪れるシヴァ神をお迎えする「トゥリーヤムパワーイ」の儀式のとき、バラモン僧がこの鳥居型の柱につるされた大ブランコをこいだ。しかし落下して絶命するバラモン僧が相次いだこともあって、仏暦2478(西暦1935)年に儀式は中止された。
Sao Chingcha Click to enlarge 左手奥はバンコク都庁 Sao Chingcha Click to enlarge 交通量の多いロータリーに立つサオ=チンチャー
ラーマ1世王がバンコクを建都後、バラモン教の考えにしたがって、ブラフマー神の寺院とサオ=チンチャーをつくらせた。仏暦2327(西暦1784-85)年に完成した当初は、バムルンムアン通りがディンソー通りに曲がりこむ角にあったが、ラーマ5世王の時代に現在地に移された。サオ=チンチャーの木材は数回建て替えられているが、現在のものは仏暦2549(西暦2006)年にプレー県のチーク材を使って建てられたものである。
後半のページへ続くgo to the next page
バムルンムアン通り
マハーチャイ通りから西へ、サオ=チンチャーを経てワット=プラケーオまで延びている通り。 BamrungMeuang St. Click to enlarge 向こうにサオ=チンチャーが見える
マハーチャイ通り
バムルンムアン通りへ曲がらすにそのまま直進すると、右手に籐細工屋が何軒か並んでいて、昔からタイで使われている民具などが売られている。
up

  HOME  »   Bangkok TOP  » バンコクまち歩き