タイトルlinkbar HOME ChaophrayaTOP KamphaengphetTOP back next
カムペーンペット歴史公園の見どころ(2)  アランヤイック地区 (城壁外北東部)  このページの内容 
◇南入口付近の寺院群
◇ワット=プラノーン
◇ワット=シーイリヤーボット
◇ワット=コーンチャイ
◇ワット=シン
◇ワット=チャーンロープ
◇ワット=リムターン
◇ワット=カムペーンガーム
◇ワット=クルシーホーン
◇ワット=アーワートヤイ
 
 関連ページへのリンク 
◆見どころ
 城壁内
 アランヤイック地区(城壁外北東部)--このページ
 ナコーンチュム地区・新市街
◆旅日記から(01年7月)(4ページ)
◆スコータイ朝の歴史
Map of Sisatchanalai Historical Park
カムペーンペット歴史公園全体図
クリックすると拡大図が別画面で開きます。拡大図から各見どころへリンクしています
  城壁の北、約1km行くと森の中に遺跡が点在する地域がある。スコータイの西部と同様、権力と交わることを嫌って森に住んだ僧たち(林住派、アランヤワーシー)が、世間との接触を避けて修行していた。2.6平方kmに約40か所もの寺院の跡がある。
Entrance to Aranyaik site, click to enlarge アランヤイック地区への入口

◇南入口付近の寺院群 
Wat Sakaeo, click to enlarge ワット=サケーオ
Wat Dongoi, click to enlarge ワット=ドンオーイ
ワット=ドンオーイ  วัดดงอ้อย
  手前のウィハーンは基壇の跡がかすかに残るのみで、後方のチェディーもすっかり崩壊し、焼きレンガの小山になってしまっている。
ワット=サケーオ  สระแก้ว
  ラテライトのブロックによって何層もの基壇が積み上げられている。上段にバイセーマー(結界石)が置かれた台があるので、本堂(ウボーソット)であることがわかるが、これしか残っていない。小さな運河がそばを流れているが、かつては寺院の周りに濠があり、運河の水を引き入れていたらしい。
Wat PaMuutNok, click to enlarge 本堂には仏像も残っていた
ワット=パームートノーク  วัดป่ามืดนอก
  規模は小さいが、バイセーマー(結界石)を置いた基壇、それに囲まれた本堂(ウボーソット)や、本堂奥の仏像などが、よく残されていた。
場所:国道101号線に沿って城壁の北門を出て、まもなくアランヤイック地区方面へ左折する。
左手にワット=ドンオーイ、つづいてワット=サケーオがある。まもなく「世界遺産」の看板がある立派な入口が見える。それを越えると、やはり左手にワット=パームートノークがある。

上へ戻る

◇ワット=プラノーン วัดพระนอน
Wat Phranon, click to enlarge 本堂と涅槃仏のウィハーン(奥)
  スコータイ時代後期(14-15世紀)に建てられた大きな寺院。かつては大きな涅槃仏(寝仏)が祀られていたので、この名がついたという。
本堂(ウボーソット)  正面東側入口から入ると、基壇の上に大きな柱が何本も立つ本堂のあとがある。柱はラテライトのブロックを八角柱に積み上げ、その上に漆喰を塗った様子がわかる。
涅槃仏のウィハーン  本堂の奥、壁に囲まれているのが、かつて涅槃仏が安置されていたウィハーンである。涅槃仏はブロックを積み上げてつくられていたらしいが、今は完全に崩れ去ってしまい、ブロックの山が残るのみだ。建物の壁は比較的よく残っている。クメール建築に見られるようなスリットが美しい。内部には、太さ1mという周囲の木より太い柱が残る。スコータイ近辺では最大級の柱だという。柱の上部には梁を組み込んだへこみやほぞ穴も見られた。    
Wat Phranon, click to enlarge ウィハーンの壁がよく残る
Wat Phranon, click to enlarge 木より太い柱
Wat Phranon, click to enlarge 涅槃仏。崩れてしまっている
Wat Phranon, click to enlarge チェディーの向こう側
森の中に埋もれてしまった建物群
Wat Phranon, click to enlarge チェディー。手前に参道が残る
チェディー  涅槃仏のウィハーンの向こう側にある。八角形の基壇が積み重ねられ、その上に釣り鐘型の部分が乗っている、どっしりとしたチェディーだ。参拝用の入口部分が残っているのは珍しいのではないか。最上部は無くなってしまっている。
  さらに奥にもいくつか建物があるが、すっかり木々が覆い茂ってしまっていた。
Wat Phranon, click to enlarge 壁に囲まれたトイレと、井戸(右)
井戸、沐浴場、トイレ  寺院の外、道を挟んだところにあり、スコータイ後期のものと推定される。宗教儀礼の際にやってきた在家信者が身を清めるために使ったと考えられている。また、修行者は寺院内、在家は寺院外と、トイレを区別するバラモン教の影響も考えられる。このような施設は、他にワット=シーイリヤーボットにもあるが、このアランヤイック地区独特のもので、当時の習慣を知る貴重な資料となっている。
場所:「世界遺産」の看板がある立派な入口から入って数百メートル行くと、最初に現れる大きな遺跡。
Wat Phranon, click to enlarge 本堂(背面) 大きな柱が何本も残る
Wat Phranon, click to enlarge ウィハーンの柱。梁をと組み込んだあと

上へ戻る

◇ワット=シーイリヤーボット วัดพระสี่อิริยาบถ
Wat Phra Si Iriyabot, click to enlarge 四体仏(遊行仏と涅槃仏=右=)
Wat Phra Si Iriyabot, click to enlarge 大きく立派なウィハーン
  やはりスコータイ後期に建てられた大きな寺院。寺院の名にもなっている4体の仏像(座仏・涅槃仏・立像・遊行仏。これをタイ語で「シーイリヤーボット」という)が祀られていた。
ウィハーン  高さ2mの立派な基壇と柵が残り、往時の雰囲気が伝わってくる。基壇の上には木が生えていて、時の経過を感じさせる。柱が数本と、一番奥に半身のみが残る仏像が1体置かれていた。
Wat Phra Si Iriyabot, click to enlarge 裏面(西面)の立仏。最もよく残る
Wat Phra Si Iriyabot, click to enlarge 左(南面)の座仏。ブロックのみ残る
Wat Phra Si Iriyabot, click to enlarge 右(北面)の涅槃仏。壁面の痕跡のみ
Wat Phra Si Iriyabot, click to enlarge 正面(東面)の遊行仏。華麗な姿
四体仏のモンドップ  大きな四角柱の4面に、それぞれ異なった姿態の4体の仏像が、背中合わせに祀られている。正面(東面)に遊行仏、右(北面)に涅槃仏、裏面(西面)に立仏、左(南面)に座仏が、それぞれラテライトのブロックでおおまかに成形された後、漆喰で整えられていた。現在は、立仏がいちばんよく残っていて、品のある優美な姿を見せてくれる。遊行仏も一部が残され、往時の美しい姿を思い起こすことができる。座仏はブロックの形から想像できるが、涅槃仏にいたっては背面の壁に痕跡が残るのみだ。
  このような四体仏は、他にスコータイのワット=プラパーイルアンワット=チェトゥポンにもある。ただし、ワット=チェトゥポンとは立仏と座仏の位置が反対である。
場所:ワット=プラノーンの北隣
 
復原図
Wat Phra Si Iriyabot, click to enlarge
Wat Phra Si Iriyabot, click to enlarge ウィハーン(基壇上)奥の仏像
向こうは四体仏

 
ワット=プラノーンと同じように、境内の外に井戸と沐浴場・トイレがあった。
Wat Phra Si Iriyabot, click to enlarge
上へ戻る

◇ワット=コーンチャイ วัดฆ้องชัย
Wat KhongChai, click to enlarge 何の建物跡か? 柱が並ぶ
Wat KhongChai, click to enlarge チェディーとウィハーン(奥)
  他の多くの寺院と同じように、チェディーとウィハーンの跡が残っている。チェディーは上部が崩壊している。
場所:ワット=シーイリヤーボットと道を挟んだ向かい側
Wat KhongChai, click to enlarge 井戸の跡
上へ戻る

◇ワット=シン วัดสิงห์
Wat Sing, click to enlarge ウボーソットとチェディー
Wat Sing, click to enlarge ウボーソット。仏像と門番などが残る
  スコータイ後期の寺院で、仏像を安置する仏塔が特徴である。
ウボーソット(本堂)  寺院の手前に位置する、かなり大きな建物のあと。左右両端の階段を登ると、門番がガードしている。門番は風雨にさらされ針のようにやせ細っている。奥には表面がはがれブロックがむき出しになった仏像が一体ぽつんと座っていた。この建物は、元はウィハーンであったが、アユタヤー時代にウボーソットとされ、結界を示すバイセーマーが置かれた、という。
Wat Sing, click to enlarge 龕の中の仏像
Wat Sing, click to enlarge 四方に仏像用の龕がある
チェディー  基壇部分の四方に大きな龕(がん)が設けられ、それぞれ仏像が祀られている。上部は崩壊してしまっているが、シーサッチャナーライのワット=チェットテーオによく似たチェディーが残っていることから、スコータイ時代に特徴的な蓮のつぼみ型ではないか、と推定される。一方で釣り鐘型だという説もある。
場所:ワット=シーイリヤーボットの北隣
 
復原図
Wat Sing, click to enlarge チェディーは蓮のつぼみ型?
右上は釣り鐘型の復原図
Wat Sing, click to enlarge ウボーソット前面。門番やバイセーマーが見える
上へ戻る

◇ワット=チャーンロープ วัดช้างรอบ
Wat ChangRop, click to enlarge 見上げてしまう大きさのチェディー
北東からの遠景
  小高い丘の上に、スコータイ後期に建てられた寺院。象が取り囲む大きなチェディーで有名だ。
象のチェディー  まず大きさに驚く。基壇の一辺は31mもある。そして基壇から半身を出す象たち。四方の階段の左右にそれぞれ8頭と四隅に1頭ずつ、合計8×8+4=68頭もの象が塔を支えている。ブロックでおおよその形をつくり、その上から漆喰を塗って細部を整えている。かなり崩壊しているが、残された漆喰の部分から、顔や腕輪など細かく造形されていたことがわかる。象と象の間も漆喰で植物が描かれているところもある。
  四方にある階段のうち、北側のものがよく原形をとどめている。登り口の両側は、2頭の獅子が固め、門番が立っている。階段を登って、釣り鐘型の小さなチェディーを乗せた門(この寺院独特の造形だという)をくぐると、基壇の上部の広い場所に出る。見晴らしはよく気持ちもいいが、森の中なのでとくに何かが見えるというわけでもない。
  チェディーの本体は、八角形の基部に円形の層が乗っているが、その上は失われている。やはり釣り鐘型のチェディーだったらしい。基壇の大きさからして、かなりの高さだっただろう。円形の部分には、漆喰で描かれた絵の跡が見られ、かつては仏陀の本生譚(ほんじょうたん。仏陀の過去世の物語)などが描かれていたという。
Wat ChangRop, click to enlarge 南側の階段は門が失われている
Wat ChangRop, click to enlarge 北面の階段を守る獅子と門番
Wat ChangRop, click to enlarge 象の飾りや象の間の装飾が美しい
Wat ChangRop, click to enlarge 基壇の上から。象の頭が見える
周りには小チェディー多く並んでいた
Wat ChangRop, click to enlarge 門の上の小さなチェディー
Wat ChangRop, click to enlarge チェディー本体。かつて漆喰で絵が描かれていた。鳥の絵が見える
Wat ChangRop, click to enlarge ウィハーン。その向こうの窪地はブロック採掘場所
Wat ChangRop, click to enlarge ウィハーン(礼拝堂)からみた象のチェディー
ウィハーン  チェディーの前面(東側)にある。仏像を安置していた須弥壇(しゅみだん)の跡や建物を支えていた柱が残っている。
場所:入口から約1km、ワット=シンから西へ500mほど行った小高い丘の上。人気スポットなので、売店や屋台もあってにぎやかな場所だ。
 
復原図
Wat ChangRop, click to enlarge
Wat ChangRop, click to enlarge ウィハーンの脇にあるウボーソット(本堂)の跡
ウィハーンのさらに前面には、大きな窪地(池の跡)があるが、寺院の建築資材として使うためにラテライトのブロックを掘り出した場所だという。 上へ戻る

◇ワット=リムターン วัดริมทาง
Wat RimThang, click to enlarge ウィハーン。下部のみが残る仏像
  スコータイ後期の寺院。ウィハーンといくつかの建物跡が残るが、破壊が進み、森の中に飲み込まれそうだ。ウィハーンに残る胸から下だけの仏像が、時の流れを感じさせる。
  説明の看板によれば、この寺院からも沐浴場やトイレの跡が見つかっているそうだ。
場所:ワット=チャーンロープから北へ道なりに、300-400m行く
 

上へ戻る

◇ワット=カムペーンガーム วัดกำแพงงาม
Wat KamphaengNgam, click to enlarge 釣り鐘型チェディーとウィハーン(右)
四角柱の列は壁のあと
  スコータイ後期の寺院。かつて寺院の周囲には、ラテライトの四角い柱が並ぶ上に、やはりラテライト製の六角柱が横たわって、寺院の壁をつくっていた。その様子はたいへん優美で、この寺院の名前「美しい壁の寺院」(カムペーンは壁、ガームは美しいの意味)の由来となった。現在はところどころに四角い柱が残るのみだ。
  寺院内には、最上部がなくなっている釣り鐘型のチェディーと、それを囲む6つの小チェディーの基壇、さらにはウィハーンなどがある。
場所:ワット=シンの東側、100mほどのところ
Wat KamphaengNgam, click to enlarge 明るい森の中のウィハーン
上へ戻る

◇ワット=クルシーホーン วัดกรุสี่ห้อง
Wat KruSiHong, click to enlarge 大きなウィハーン。石壁もよく残る
  境内を囲う石壁がよく残っており、大きな寺院だったことがわかる。説明板によると、この寺院にはウィハーン(礼拝堂)が3棟、13基のチェディー、僧坊が11棟もあったという。
場所:ワット=シンやワット=カムペーンガームから北東方向へ、ワット=アーワートヤイへ向かう途中にある。 上へ戻る

◇ワット=アーワートヤイ วัดอาวาสใหญ่
Wat AwatYai, click to enlarge 内側から見た8基の小チェディー
中央線の右側にも同じものがある
Wat AwatYai, click to enlarge 両側に小チェディーが並ぶ
  アランヤイック地区の最北端にある、大きな規模の寺院跡。かつてここを訪れたラーマ5世王は、「カムペーンペットにワット=プラケーオを建てるなら、ここにつくる」と言われたとか。
  東側正面からメインのウィハーンまでまっすぐ見通せるが、その左右には、それぞれ小さな仏塔8基がL字形に、左右対称に並んでいた。仏塔は下半分が残るのみだが、それぞれ微妙に形が違うのが見て取れる。
  メインのウィハーンはかなり大きく、その奥にはメインのチェディーの基壇が残っていた。上部はおそらく、付近の他の寺院と同じように、釣り鐘型だったと考えられている。
Wat AwatYai, click to enlarge 小チェディーを守る(?)獅子
Wat AwatYai, click to enlarge ウィハーン 奥にはメインのチェディー
Wat AwatYai, click to enlarge 入口近く、道路に面してある池。
寺院の建設資材を切り出し、のち貯水池として使われた
場所:城壁側の入口から一番遠い所。アランヤイック地区へのもう一つの入口(市街から遠い方)から入ってすぐ右手にある。
2001年にはこの寺院の北側に入口があったが、2010年時点では、そこは閉鎖されて入口は少し南に移動していた。新しい入口を入った所に、新たにインフォメーションセンターができていた。
 
復原図
Wat AwatYai, click to enlarge
上へ戻る

linkbar HOME ChaophrayaTOP KamphaengphetTOP back next