タイトルlinkbar HOME チャオプラヤー川 TOP ラムパーン TOP 前ページ 次ページ

旅日記から  馬車に揺られてラムパーン  07年01月  (1)
 このページの内容   ◇1月1日 ◇1月2日
 関連ページへのリンク  ◆旅日記から 1 2 3 (全3ページ) ◆ランパーン市内 見どころ ◆郊外 見どころ

 1月1日(月)  バンコク 晴れ 到着時31℃ →チエンマイ

爆弾テロと新空港
  明日からタイという、2006年大晦日。ネットのニュースは、バンコクの連続爆弾テロによって死傷者が出ている、犯人や事件の背景は不明と伝えている。一抹の不安はあったが、何とかなるやという楽観もあり、予定通り翌日から出かけた。
  夕方16:40、CI695便で昨(2006)年9月にオープンしたバンコクの新空港、スワンナプーム空港に初めて降り立つ。ガラス張りの巨大なターミナル、世界一の高さという管制塔を見て、新空港であることを実感する。入国のイミグレもほとんど待たずにすんだ。国際線から国内線への乗り換えも、同じ建物内でできて便利だ。ただ搭乗ゲートまでの距離が長く、かなり歩かされた。空港はテロのため厳戒かと思いきや、それほどでもない。到着階(2階)から4階へ上り、チエンマイ行きのチェックインをする。予約便は20:00発だが、一便前の19:00発に変更してもらえた。それでも時間があったので、新空港を少し見学した。
新空港見学レポート  
・出発階の4階にはコンビニがあり、ほぼ市中価格で買い物ができる。これは使えそうだ。
・5階は展望レストランでいい雰囲気だが、かなり値が張る。カオソーイ140B! ただ3階の食堂は小規模な店が多く(値段はやはり空港価格)、落ち着いて食事となると、5階になってしまうかも。
・6階は展望デッキ。地元の人が見学に来ていた。
・建物がガラス張りのためか、やや暑い。冷房効率は悪そうだ。熱帯の国の空港としてどうなのか?
・トイレの数が少ない。国内線制限区域内の男子トイレ、1つのトイレに小便器が1つしかなかった。(こういう批判は多かったらしく、その後トイレは増設された)

 19:00、バンコク空港発TG126便で、20:10ころチエンマイ空港到着。3075B。タクシーでホテルまで、140B。チエンマイ駅前の Bossotel Hotel  (2人・朝食付、900B。ネットで予約済み、手数料2US$)に宿泊。
 夕食は乗合ソンテウ(1人15B)でピン川西岸へ行って、「アンティークハウス1」で。2人で519B。トゥクトゥクでホテルへ帰る(50B)。
新空港4階 出発ロビー クリックで拡大 新空港4階 出発ロビー
両替レート   100円=29.69バーツ(B)、1B≒約3.3円
夕食:ビアシン大瓶2、ポンラマイパン(フルーツシェイク)、サイウア(北タイ風ソーセージ)、トムヤムクン、パットパックルアム(野菜炒め)、カオニャオ(もち米)。
up

 1月2日(火)  チエンマイ→ラムパーン 晴れ。朝は寒い

列車でラムパーンへ
  朝、ホテルの窓からチエンマイ駅を見ると、武装した警官隊が人の出入りをチェックしている。何か事件か。それともバンコクのテロ事件の影響か。(あとで知った情報によると、前日の1日にチエンマイ市内のモスクで爆破事件があったが、バンコクの事件とは関係ない事故という。)
  駅の警備をくぐり抜け、切符(ラムパーンまで1人23B)を購入してホームに向かう。夜行列車が発着する時分には賑わうホームも今は閑散としていて、犬が何匹かほっつき歩いている。ラムパーンへ向かう普通列車だけがポツンと入線していた。時刻表によると、チエンマイを9:20に出発し、約500km南の終点・ナコーンサワン到着が19:45、実に12時間以上走る鈍行列車だ。
  定刻の9:20、列車のディーゼルエンジンのうなりが高まると、それが合図かのように出発した。乗客は少ない。車窓には乾季の北タイの風景・・・。田んぼはひこばえが枯れ、牛がのんびり草をはむ。ラムヤイ(龍眼)の果樹園もある。雨季にはたわわに実をつけるはずだ。
  チエンマイからおよそ30分ほどで、ラムプーン駅に着いた。ラムプーンは、7-13世紀にこの辺りを支配したハリプンチャイ王国の都が置かれた、由緒正しい古都だ。
チエンマイ発の普通列車 クリックで拡大 チエンマイ発の普通列車
水牛がのんびり草をはむ クリックで拡大 水牛がのんびり草をはむ
up

タイ国鉄最高・最長
  ラムプーンを過ぎて勾配が上がると、列車のエンジン音も一段と高まる。チエンマイ盆地(ピン川流域)とラムパーン盆地(ワン川流域)との分水嶺を越える。緑色の中に、黄色や茶色に変色した葉が混じる乾季の山林の中を、盛んにカーブを描きながら列車は走る。時折小さな集落の小さな駅に止まるが、意外なことに乗ってくる人が多い。気がつくとほぼ満席だった。
  10:45ころ、タイ国鉄最高地点の駅、海抜578mのクンターン駅に着いた。窓から入る風は心地よさを通り越して、少し肌寒いほどだ。この駅でナップサックを背負った人が多く降りた。ここから、ドーイクンターン国立公園に行けるという。タイの人は歩かないという印象があるが、山道のピクニックを楽しむ人もいるようだ。
  クンターン駅を出発するとすぐトンネルに入った。クンターントンネル、全長1345mはタイ国鉄で最長のトンネルだ。難工事に加えて、マラリアやトラによる犠牲者も出たという。
  トンネルを抜けると今度は下り、列車は快調なエンジン音を立ててピードを上げる。ラムパーン一つ手前のハーンチャット駅でたくさんの人が降りた。周辺には何もなさそうだが、どこへ行くのか。あとで地図を見たら、ワット=プラタートラムパーンルアン方面へ道があるので、そこへ初詣(?)に行く人たちかもしれない。
  山林が切れたと思ったらまもなく大きな町が見えてきた。定刻より約10分遅れて、11:40ころ、ナコーン・ランパーン駅に到着した。町の名前はラムパーンだが、駅名には「ナコーン」、つまり都市ということばがついている。ナコーン・ラムパーン駅で、バンコクまでの切符を求めた。幸いなことに、2日後の19:00発、夜行の特急列車の2等寝台があいていた。上段、下段で取れればよいのだが、最後の2席だそうで、上段2席を買う。2等運賃・特急料金・寝台料金(上段)合わせて、1人734B。あいてなければ、夜行バスか、夜行列車の座席でバンコクへ帰るつもりだったが、ぐっすり眠れる寝台の方がいいに決まっている。
クンターン駅付近,山林が開けた クリックで拡大 クンターン駅付近,山林が開けた
クンターン駅のすぐ裏 国立公園入口 クリックで拡大 クンターン駅裏,国立公園入口
写真峠越え
(1)乾季のジャングル
(2)峠を越え、まもなくラムパーン  up

ラムパーンの第一印象
  ナコーン・ラムパーン駅を出ると、トゥクトゥクのおじさんが寄ってくる。「町へ行く」というと、乗合ソンテウのおじさんがこれに乗れと案内してくれる。5分ほど待って出発。町までは意外に遠く、時計台まで10分ほどかかった。目星を付けておいた Asia Lampang Hotel の看板の前でブザーを押して降りる。
  けっこう大きなホテルで、道路に面してオープンテラスの大きな食堂がある。部屋はやや古いが、エアコン・バスタブ・TV付き、窓のテラスにはブーゲンビリアの鉢植えが置かれていた。1泊朝食付きで550B(冷蔵庫なしなら490B)というので、ここに2泊する。
  昼食はこのホテルの食堂でとった。(2人で145B。) オープンテラスなので、風が心地よい。前の道路からパッカパッカという小気味よい音が聞こえる。見ると、ラムパーン名物の馬車が、客を乗せて走っていく。しばらくするとまたひずめの音がする。意外に馬車を利用する人が多い。どうも観光客だけでなく、地元の人も利用しているようだ。
  チエンマイであれほどいた外国人観光客もほとんど見ない。馬車のひずめの音とともに、初めて来た町という緊張感が溶けていく。北タイの澄んだ空気が感じられる町だ。
ホテルの部屋から クリックで拡大 ホテルの部屋から
  昼食:カーオパットカイ(鶏肉入り炒飯)、パットシーイウクンソット(エビ入り幅広麺の醤油炒め)、ナムテンモー(すいかジュース)、ナムマナオ(マナオジュース) up

初詣は北タイの名刹・ワット=プラタートラムパーンルアンもっと詳しく
  午後は郊外にある、有名な古い寺院へ行く。ソンテウでコカーという町まで行き、別のソンテウに乗り換えると着くらしい。ホテル前の道は反対方向の一方通行なので、一本南の道に出て待つと、すぐに「コカー」と書いたソンテウがやって来たので、乗り込む。
  町を出て国道1号線を飛ばしていく。コカーの少し手前で、運ちゃんがワットへ行くのか聞くので、そうだと答えると、そこまで行ってくれると言う。14:00ころ、コカーから約3kmの寺院門前で下ろしてくれた。その分代金はしっかり取られたが(ラムパーンから1人50B)。
  この寺院は、ラーンナータイ王国時代の13-16世紀にかけて建てられ、建物の美しさでも名高い。御利益もあるのか、それとも正月だからか、参拝者がとても多く、向かいの駐車場は車やバスで一杯だ。立派な門をくぐると、チーク造りの大きなウィハーン=ルアンだ。お参りセット(ろうそく・線香・花・金箔のセット)を求め、青白く光る仏像にお供えする。背後にはランナー様式の大きな仏塔がそびえ立つ。地元の人に交じって、線香を持って右回りに塔を3周した。今年も無事で過ごせますように。こうやってタイへまた来れますように。
  境内は広くはないが、古い絵がよく残るウィハーンや樹齢2500年という伝説の木など、興味深いものが多い。境内の外には博物館などもあった。信者が塔に巻く黄色い布に記名できるようになっていたので、お布施をして名前を書いてきた。古い木造の建物のせいか、地元の人たちの熱気にもかかわらず、落ち着いた雰囲気を漂わせる風格ある寺院だった。
  16:00、帰路につく。しかし寺院付近にコカー行きのソンテウが見あたらない。500mほど歩いて幹線道路(ハーンチャット-コカー間のソンテウが通るはず)に出て待つ。やはり来ない。コカーへ向けて歩くことにする。ソンテウが通れば乗せてもらうし、最悪コカーまで3km、歩けてしまう。幸い日は傾き、暑さは感じない。結局、反対方面のソンテウは何台か見たが、コカー行きはついぞ来なかった。ワン川を渡ってコカーの町まで、50分ほど歩いてしまった。お寺参りの功徳が深まるかも。
  コカーからラムパーンまでソンテウで帰ってきた(20B)が、まだ夕食には早いのでワット=シーローンムアンもっと詳しくの前で降りた。一見してタイにはない寺院の形、何層にも重なるえび茶色の屋根は、以前訪れたビルマ・マンダレーの王宮を思い出させる。ウィハーンの前では、ちょうど先輩僧が若い坊主の剃髪をしていた。頭を剃られるのはいやなようで、順番を押しつけ合ったり、剃られた坊主頭をからかったり。ほほえましい光景だ。
  19:00、すっかり日が暮れた。夕食はワン川沿いの食堂、Riverside Bar & Restaurant に入る。チーク造りの古い建物で、川にせり出したテラスが気持ちいい。料理もおいしく、ビールもすすむ。さっきたくさん歩いた分だけビールがうまい。2人で600B。
ワット=プラタートラムパーンルアン クリックで拡大 ワット=プラタートラムパーンルアン
写真3km歩いた!
(1)こんな道
(2)ワン川を渡る
ワン川の夜景 クリックで拡大 ワン川の夜景
夕食:ビアシン大瓶2、ナムマナオ、水、トムヤムクン、プラートートクラティアム(川魚のにんにく揚げ)、パットパックルアム(野菜炒め)、パッタイ(焼きそば) up

リンクバー HOME チャオプラヤー川 TOP ラムパーン TOP 前ページ 次ページ