タイトルリンクバー HOME チャオプラヤー川 TOP ラムパーン TOP 前ページ 次ページ

旅日記から  馬車に揺られてラムパーン  07年01月  (2)
 このページの内容   ◇1月3日
 関連ページへのリンク  ◆旅日記から 1 3 (全3ページ) ◆ランパーン市内 見どころ ◆郊外 見どころ

 1月3日(水)  ラムパーン←→タイ象保護センター 晴れ 日中は暑い

ローカルバスで、タイ象保護センターへ
  8:00ころ、ホテルで朝食。お粥・パン・コーヒー・紅茶のみの簡単なブッフェだったが、このお粥がおいしい。食後、乗合ソンテウでバスターミナルへ向かい(15B)、タイ象保護センター(スーン・アヌラック・チャーンタイ)をめざす。チエンマイ行きのローカルバスは、ほとんど満員。座席は2列-3列で狭いが、こういうローカルバスでは、空いてる席を指さしてここに座りな、と言ってくれる人(たいてい、おばさん)が必ずいて、そうするとそこの席の人は席を詰めてくれる。混んではいるがどこか心地よい、ローカルバスの雰囲気だ。日本だったらみんな下を向いて知らんぷりをするんだろうな…と思ううちに、9:30にバスは出発した。バス運賃は26B。
  ガイドブック『ロン○ラ』には、37kmポストでバスを降りるとあるので、国道の両側にあるキロポストを見逃さないようにしていた。車掌の兄ちゃんにも、着いたら教えてくれるよう頼んでおいた。バスターミナルを出て約40分、進行方向右手の大きなドライブインを過ぎると道は上りになる。するとまもなく、車掌の兄ちゃんが手招きし、バスが止まった。キロポストはまだ28km少しなのでおかしいなと思いつつ、周りの人に聞くとここだと言うので、あわてて降りると、道の反対側がめざすタイ象保護センターだった。つまり『ロン○ラ』の記述が間違っていたのだ。タイ象保護センターでもらったパンフレットにも、チエンマイ-ラムパーン道路(国道11号)の28-29km地点と書いてある。ガイドブックはあくまで参考程度にしかならない、という好例だ。
チエンマイ-ラムパーン間のバス クリックで拡大 チエンマイ-ラムパーン間のバス
日本人がよく利用している『地○の歩き方』2001年版にも、地図中にラムパーンから37kmと書いてある。2つのガイドブックが同じ間違いをするのはおかしい。調べたのか、写したのか?? 上へ戻る

タイ象保護センターもっと詳しく 象に癒される一日
  ここは、象を利用した林業技術の保全、象に関するデータや知識の収集、エコツーリズムの発展を目的に、農業・協同組合省に属する林業公団によって1991年設立された。つまり、タイにあまたある、象に乗れる商業施設とは全く違うわけで、象の病院や象のフンから紙やメタンガスを造る工場まである。
  入口に象のショー会場まで2kmという看板がある。歩くのはたいへんだと思っていると、運良くトラムが通りかかり、切符売り場(入場料50B+園内トラム料金20B)経由ショー会場まで乗せてもらえた。近くのビジターセンターには、施設の紹介や象についての展示があった。
タイ象保護センター入口 クリックで拡大 タイ象保護センター入口
上へ戻る

▼象のショーもっと詳しく  11:00-30のショーを見た。会場には外国人は10~15人をふくむ100人前後の観客が入っていて、けっこう盛況だ。まもなく約10頭の象(5~14歳の「学生」象)が一列に並んで入場してくる。鼻で前の象のしっぽをつかみながら歩く様子がかわいい。一頭の象が掲揚塔のひもを鼻で引っ張って旗を揚げ、ショーが始まった。およそ30分のショーでは、象の名前の紹介とあいさつ、象に乗り降りする方法、象使いが持つ棒を拾う方法、ナレーションの声に従い寝たり起きたり、本業の(?)丸太運びなどが披露される。つづいて2頭の象が鼻で絵を描き、最後に鼻で楽器を揺らしてタイの「象の歌」を演奏する。
  この後、象は観客にえさをもらいに来る。(中にはショーの最中からえさをねだりに来るのもいる。)えさは、サトウキビ一束10B、野菜のかご盛りが30Bで売られているので、象に渡すことができる。象を間近で見て触れあえるので、とても楽しい時間だ。サトウキビを何本も鼻に持ちながら、一本ずつ口へ運ぶ象もいれば、背中に乗っている象使いにサトウキビを預かってもらい、食べると鼻を象使いに向けて催促する象もいる。観客が差し出すサトウキビを一瞥して、別の観客が差し出すイモをねだる象もいる。この辺りは象の個性が出ていて、とてもおもしろい。
 
▼象に乗るもっと詳しく  園内の食堂「クルア・チャーンタイ」で昼食(2人で175B)後、象に乗りに行く。チケットを買ってしばらく待っていると、輿と象使いのおじさんを乗せた象がやって来た。私たちを乗せた象は、浅い川を渡ると急斜面を登る。以前にもタイで乗ったことがあるが、こんなに揺れたかな? 山道に入ると象は時々止まって草をむしゃむしゃ食べる。象使いのおじさんはそのたびにとがった棒で叩く。するとしょうがないなあという感じで象が動く。おじさんに、「そんなに叩いたら象は痛くないの?」と聞くと、「大丈夫。皮がすごい厚いんだ。」そうだ。この象の歳は40歳、名前は「シードーン……」、忘れてしまった。約30分の山道コースで2人400B、最後におきまりの写真を撮られ、これが200B。決して安くはないが、タイの象の保護のためなので、よろこんで払う。
 
▼象の病院もっと詳しく  事務所をはさんで両側に象の「病室」が並び、3頭ほど入院中だった。とくに一番そばにいた象は、右後ろ足にケガをしたのか、患部に大きな薬(?)を張られ痛々しい。それでも看護師さん(?)からもらったバナナの茎や葉をモリモリ食べていた。早く回復してほしい。この病院はすべて寄付でまかなわれているそうなので、Tシャツを2枚400Bで買い、協力させてもらった。
  ベンチで休憩していると、向こうから象の列が太鼓を鳴らしながらやって来る。13:30からのショーが始まるらしい。もう一度象たちの活躍ぶりを見に行く。内容は先ほどと同じだが、やはりかわいいものだ。
  象のフンから作った紙などおみやげを買って、トラムで入口近くの駐車場まで送ってもらう。入口近くの東屋でバスを待っていると、1頭の象を乗せたトラックがセンターに入っていった。入院するのか?
象の行進 クリックで拡大
象の行進
えさをねだりに来た象 クリックで拡大
えさをねだりに来た象
 
昼食:水、オレンジジュース、カーオ・ラートケーン(タイ風カレー)、パッタイ(焼きそば)  
客を乗せて働く象たち クリックで拡大
客を乗せて働く象たち
入院中の象 クリックで拡大
入院中の象
上へ戻る

100年前の町並み
  15:40、行きと同じ緑色のローカルバスがやって来た。ほぼ満員だったが、やはり空いている席に手招きしてくれるおばさんがいて助かる。バスは快調に国道を飛ばして、30分ほどでラムパーンのバスターミナルへ到着した。25B。近くのBig-Cで休憩後、ソンテウで町へ帰る。15B。
  日暮れ時、夕食へ行きがてら、ワン川沿いの旧市場通り(タノン・タラートカオ)もっと詳しくを散策する。かつてチーク材の切り出しで繁栄した時代のメインストリートだったのだろう、道の両側には、装飾を施した木造2階建てのショップハウスがずらっと並ぶ。ところどころに立派な洋館や、チーク材でできた大きな屋敷も建っている。一瞬、今がいつの時代か忘れそうな、そんな雰囲気を持つ通りだ。
  往時はビルマ人、イギリス人、中国人といろんな国の商人たちが行き交い、いろんなことばが飛び交ったこの通りも、今は廃れ、人が住んでいない建物も多い。人のいる建物や営業している店から、淡い光が通りに漏れ、ネコが闊歩していた。
  旧市場通りを西へ向かうと、めざす食堂「フアン・チョムワン」の看板があった。フアン(中部タイ語ではルアン)は「家・建物」、チョムは「鑑賞する」という意味だ。看板を右に入って少し行くと、チーク造りの大きな建物があった。中は広々として、店の名前の通り、ワン川の眺めがよい。料理はどれもしっかりした味付けでおいしかった。大きな2人で590B。スクリーンで映画『ロード・オブ・ザ・リング』を流していたが、雰囲気にそぐわない気もする。
  宿泊は前日と同じ Asia Lampang Hotel、550B。
フアン・チョムワン クリックで拡大
フアン・チョムワン
夕食:ビアシン大瓶2、ナムマナオ、サイウア(北タイ風ソーセージ)、トムヤムクン、ヤムプラームックソット(生イカのサラダ)、カイパットメットマムアン(鶏肉のカシューナッツ炒め)、ナムプリックオーン(ゆで野菜+辛味噌)、カオニャオ(もち米) 上へ戻る

リンクバー HOME チャオプラヤー川 TOP ラムパーン TOP 前ページ 次ページ