タイトルリンクバー HOME チャオプラヤー川 TOP ラムパーン TOP 前ページ 次ページ
ラムパーン郊外の見どころ (1)  ワット=プラタートラムパーンルアン  このページの内容 
◇おもな建物(境内)
 山門
 ウィハーン=ルアン
 プラタート=ラムパーンルアン
 ウィハーン=ナムテーム
 モンドップ=プラプッタバート
 ウィハーン=プラプット
 樹齢2500年の木
◇博物館区(境内の外)
◇行き方
 関連ページへのリンク 
◆見どころ
 市内(1)
 市内(2)
 郊外(1)
 ワット=プラタートラムパーンルアン◄now 
 郊外(2) タイ象保護センター
 街角の風景
◆旅日記から(07年1月)
  ラムパーンの町から南西へ約18km、ラーンナータイ王国時代の15-16世紀に建てられた歴史ある寺院。北タイでは丑年生まれの人が巡礼すべき寺院とされている。
(北タイの十二支の仏塔について→here
  境内には、16世紀に描かれた絵が色彩とともに残るウィハーン、樹齢2500年という伝説の木など、興味深いものも多い。御利益を求めて、たくさんの参拝者が訪れていた。 ワット=プラタートラムパーンルアン 伽藍配置図 山門 ウィハーン=ルアン プラタート=ラムパーンルアン ウィハーン=ナムテーム モンドップ=プラプッタバート ウィハーン=プラプット 樹齢2500年の木 ホー=プラケーオドーンタオ
仏舎利が納められた仏塔  Click to enlarge 仏舎利が納められた仏塔
ナーガの石段と山門 Click to enlarge ナーガの石段と山門

◇ワット=プラタートラムパーンルアン วัดพระธาตุลำปางหลวง   おもな建物(境内)
 山門 
  ナーガに守られた石段を上がっていくと、石造りの立派な山門がある。15世紀のものと推定されている。入口上部には黄色の大きな法輪が描かれている。山門の上部は、ウェディングケーキのように何層にも積み重なり、各段ごとにナーガの飾りが付いている。
 ウィハーン=ルアン 
  山門をくぐると正面にそびえ立つ大きなウィハーン(礼拝堂)。総チーク造りで、幅17m×奥行き39mの大きさがある。1476年に建てられ、タイに現存する最古の木造建築と考えられている。屋根は3層に積み重なり、中央ほど高くなるというランナー様式である。
  内部の中央には、金箔がまぶしいモンドップ(仏堂)があり、やはり金箔が張られた仏像「プラチャオラーントーン」が鎮座する。仏像は、スコータイ様式が混じったチエンセーン様式のもので、16世紀に作られた。モンドップの金色に対して、仏像はやや青白く光って見え、神秘的な感じを与える。地元の人の信仰が厚く、多くの人が額ずいて礼拝していた。
内側から見た山門 Click to enlarge
内側から見た山門
ウィハーン=ルアン正面 Click to enlarge ウィハーン=ルアン正面
ウィハーン=ルアン本尊 Click to enlarge 内部の本尊
ウィハーン=ルアン(左横から) Click to enlarge ウィハーン=ルアン(左横から)
◇行き方
1.公共交通機関で
ラムパーンからコカー行きの乗合ソンテウで、コカーの町(終点)まで約30分。頻発。コカーで寺院方面へ行くソンテウに乗り換え約3kmで寺院入口に到着。頻度不明。夕方寺院から帰る時、コカー行きソンテウが通らず、3kmを歩いた。
2.ソンテウ、トゥクトゥクをチャーター
楽で確実。客のいないソンテウを止めるか、バスターミナル、市場等でつかまえる。必ず値段交渉を。往復で300~400Bくらいはかかると思う。(2007年情報)
写真
(1)山門のナーガの飾り
(2)本尊の近影
(3)本尊を覆うモンドップ
(4)本尊の後ろの仏像たち
(5)横梁に描かれた絵画   上へ戻る

 プラタート=ラムパーンルアン 
ウィハーン=ルアンと仏塔  Click to enlarge
ウィハーン=ルアンと仏塔
  ウィハーン=ルアンの奥、境内のほぼ中央に立つ、釣り鐘型の大きなチェディ。高さは45mもある。1449年に建てられ、仏舎利が納められている。塔のまわりは、蓮の花をかたどった小さな仏塔がぐるりと取り囲んでいる。多くの信者が、花と線香を持って、塔のまわりを右回りに3周していた。
  また仏塔の東側の柵には、銃弾の跡が残されている。説明板には、 「ラムパーンの英雄で、ナ=ラムパーン家、ナ=ラムプーン家、ナ=チエンマイ家の祖であり、チェットトン一族(チエンマイ王家)の祖であるナーン=ティップチャーンが、1732年ビルマ支配下のラムプーンの軍司令官・ターウ=マハーヨットを射殺した。その時銃弾が真鍮の柵に当たった跡である。」と書いてある。ラムパーンがビルマ軍に攻められた時、弓と銃の名手、ナーン=ティップチャーンが300人の民衆を率い、夜陰に乗じてビルマ軍陣営に潜入し、将棋を指していた司令官を射殺、その後民衆に押されてラムパーン土侯になったという。
写真
(1)仏塔を囲む小仏塔
(2)仏塔表面の飾り
  
柵に残る銃弾の跡
柵に残る銃弾の跡
上へ戻る

 ウィハーン=ナムテーム 
  仏塔の右手に立つ、木造のウィハーン(礼拝堂)。16世紀に建立された。何本もの柱に支えられ、中央奥に仏像が何体か祀られている。
  内部に入ると、広くも狭くもない、ちょうど心地よい大きさの空間が広がり、古い木材が醸し出すしっとりとした雰囲気がただよう。柱には漆の上から金箔で装飾が施され、品のよい美しさを演出している。柱の上部や横梁には、当時描かれた絵がはっきり残り、彩色もところどころ認められる。
ウィハーン=ナムテーム 正面 Click to enlarge ウィハーン=ナムテーム 正面
ウィハーン=ナムテーム 内部 Click to enlarge ウィハーン=ナムテーム 内部
ウィハーン=ナムテーム 壁画 Click to enlarge ウィハーン=ナムテーム 壁画

 モンドップ=プラプッタバート 
仏塔の投影 Click to enlarge 仏塔の投影 壁画
モンドップ=プラプッタバート Click to enlarge モンドップ=プラプッタバート
  仏塔の左奥、高い基壇の上に立つ。1449年に建てられた。女性は上がれないという表示がある。内部は狭く数人が入ると一杯になる。ドアを閉めると真っ暗になり、ピンホールカメラの原理で、仏塔とウィハーン=ルアンの像が白布の上に逆さに投影される。
 ウィハーン=プラプット 
ウィハーン=プラプット Click to enlarge ウィハーン=プラプット
ウィハーン=プラプット 仏像 Click to enlarge 内部の仏像
  仏塔の左側に立つウィハーンで、幅10m×奥行き22.5mである。15~16世紀の建造とされる。一般的にランナー様式のウィハーンは、開放的な作りが特徴だが、このウィハーンは入口も狭く、他のランナー様式とは異なるデザインで建てられているという。
写真
(1)仏像の近影
(2)壁一面の絵
(3)壁画-象の隊列
(4)柱の漆喰の絵
 
 樹齢2500年の木 
樹齢2500年の木 Click to enlarge
境内の入口近くに、柵で囲われ、枝を低く伸ばした木が一本立っている。説明板には「カチャーウの木 ラムパーン県の吉祥木--樹齢2500年以上。言い伝えによると、1人のルワ族の男性が、カチャーウの木の枝で天秤棒を作り、竹筒入りの蜂蜜やココヤシなどをかついでやって来て、ここに滞在されていた仏陀に献上した。この後、カチャーウの木の枝を突き挿して発願すると、枝が伸び、今のようになった。」とある。
この言い伝えと関係があるのだろうか。ウィハーン=ルアンでは、天秤棒ほどの木の棒を持ってお祈りしている人がたくさんいた。
上へ戻る

◇ワット=プラタートラムパーンルアン วัดพระธาตุลำปางหลวง   博物館区(境内の外側)
  境内の左(南)側の門を出ると、細い道が続き、その先にいくつかの見どころがある。
 木製品の博物館 
  ゾウの鞍、寺院の扉、経蔵など、100年以上前の木製品が展示されている。
プラケーオドーンタオ仏 Click to enlarge プラケーオドーンタオ仏
 ホー=プラケーオ 
  ここが一番の見どころで、人も多い。奥の鉄格子の向こうに「プラケーオドーンタオ仏」が鎮座している。バンコクの「プラケーオ仏」に似て、緑色の石から作られているが、かつてこの2体の仏像は、ラムパーン市内のワット=プラケーオドーンタオにそろって安置されていた。高さは約17cm、意外と小さい。
 仏教用具・生活用品の博物館 
  まだ新しい建物の中に、仏像、お経、仏像のお守りなどの仏教関連品、キンマ入れ、銀製品などの生活用品などが多数展示されている。
 
 入場 
すべて無料。
ホー=プラケーオ博物館には、簡単な売店がある。
寺院の壁 Click to enlarge 寺院の壁
この外が博物館区
上へ戻る

リンクバー HOME チャオプラヤー川 TOP ラムパーン TOP 前ページ 次ページ