タイトルリンクバー HOME ChaophrayaTOP LamphunTOP
女王伝説に彩られたいにしえの町
ラムプーンลำพูน
クワン川にかかる屋根付き橋 ラムプーン クリックで拡大 クワン川にかかる屋根付き橋
  ラムプーンは、クワン川と城壁とに囲まれた静かな古都だ。大きさは南北約1km、東西約500mとかなり小さく、お隣のにぎやかなチエンマイとは、空気の透明度が明らかに違う。
  1000年以上も昔、モン族の伝説的な女王・チャーマテーウィーがこの地にハリプンチャイ王国を建てて栄えたという。町に点在する古寺がその歴史を今に伝えている。
 
camera   見どころ
GOワット=プラタートハリプンチャイ
ワット=プラタートハリプンチャイ クリックで拡大
修復が終わり金ぴかに輝く(Dec 2010)
  町のほぼ中央に位置する、名実ともにランプーンの中心寺院。歴史は古く、11世紀中頃に当時のハリプンチャイ国王が仏舎利を祀る仏塔を建立したのが始まりだといわれる。
GO城壁内(上記寺院以外)
 ラムプーンの町は、東にクワン川が流れ、それ以外の三方は土製の城壁と堀によって囲まれている。城壁内の古い町並みや城門などを紹介。
►ハリプンチャイ国立博物館
►城門
►古い町並み
►洋風の宮殿(領主の館)
 
GO城壁外
  チャーマテーウィーゆかりの寺院や屋根付きの橋など、ユニークな見どころが点在している。
►ワット=チャーマテーウィー
►ターシン橋
►ウィエンヨーン
地図
内容
◆見どころ
◆ラムプーン略史
◆行き方
 
 関連ページへのリンク 
◆見どころ
 (1)ワット=プラタートハリプンチャイ
 (2)城壁内(それ以外)
 (3)城壁外
旅日記から(08年8月)
ラムプーン市街略図 クリックすると該当ページへジャンプします ワット=チャーマテーウィー ワット=プラタートハリプンチャイ チャーンシー門 古い家並み マハーワン門 領主の館 ターシン橋 ウィエンヨーン National Museum
赤い記号をクリックで該当ページへジャンプします
上へ戻る
pencil   ラムプーン略史 footfoot  行き方
鉄道・・・・タイ国鉄の北本線(バンコク-チエンマイ)を走る特急・急行などの優等列車が夜行寝台も含めて1日6往復、すべてラムプーン駅に停車する。バンコクから12.5-14時間、チエンマイからは30分。
タイ国鉄HP(英・タイ語)
→here
バス・・・・バンコク北バスターミナルから、9時間。
チエンマイから、(1)アーケードターミナル発の普通バス(緑色)で1時間。
(2)ワローロット市場(カートルワン)発のエアコンミニバス(紫色,20B)で1時間。7:00-18:10までの20-30分ごと。→ワローロット市場の時刻表
(3)乗合ソンテーウ 便数は多いが、満席で長時間は辛いかも。
上へ戻る
ワット=チャーマテーウィー 仏塔 クリックで拡大 ワット=チャーマテーウィー 仏塔
  伝説や歴史書によると、661年にチエンマイのドーイステープに住むワーステープ行者が、ラムプーンにハリプンジャヤ(タイ語で、ハリプンチャイ Hariphunchai หริภุญชัย王国を建設し、モン Mon 族の国ラウォー(現在のロプブリー)の王女・チャーマーテウィー พระนางจามเทวีを女王に迎えた。彼女は父王の命を受けて、500人の臣下と500人の仏僧を率いてピン川をさかのぼり、663年ラムプーンに到着した。女王は寺院を建て、上座部仏教を国教と定めて統治したという。また、ワン川岸にラムパーンを建設してともに支配したという。ただし、ハリプンチャイ王国建国の年代については8~9世紀という説もあり、遺物等は11世紀以降のものになる。
  この後は、ビルマのモン族の国家と緊密な関係を保ったが、1292年、ラーンナータイ王国(チエンマイ)のマンラーイ王によってハリプンチャイ王国は滅ぼされた。
  16-18世紀には、ラーンナータイとともにビルマに服属。18世紀末以降、ラムパーン領主カーウィラを祖とするチエンマイ王家の支配を受け、ラーマ5世代にタイ王国(バンコク政府)の一部となった。
►この項目は、「タイの事典」石井米雄・監修、同朋舎、1993年 を参考にしました。

リンクバー HOME ChaophrayaTOP LamphunTOP