タイトルリンクバー HOME ChaophrayaTOP Nan TOP previous page next page
ナーン 見どころ紹介 (2)  郊外の寺院  このページの内容 
◇ワット=プラタートチェーヘン
◇ワット=カーオノーイ
 関連ページへのリンク 
◆見どころ
 市内の寺院・博物館など
 郊外の寺院◄◄Now
 山岳民族の村々
◆旅日記から(08年12月-09年1月)
ワット=プラタートチェーヘン(左)仏塔 (右)大礼拝堂 クリックで拡大 ワット=プラタートチェーヘン
(左)仏塔 (右)大礼拝堂
  ナーン川東岸にあるワット=プラタートチェーヘンは、ナーン発祥の地であり、ナーンで最も重要な寺院でもある。町の西の小高い丘に立つワット=カーオノーイからはナーン盆地の見晴らしがいい。町から歩いていくのは少々遠いが、ぜひ立ち寄りたい場所だ。

◇ワット=プラタートチェーヘン วัดพระธาตุแช่แห้ง
寺院を守るナーガ クリックで拡大 寺院を守るナーガ
  ナーンの町から東へ2kmあまり、ナーン川東岸の小高い丘の上に立つ寺院。600年以上の歴史を誇り、ナーン県第一の仏教聖地でもある。
  小高い丘の上に建っているので、2頭のナーガが迎えてくれる寺院入口(登り口)からは、ナーンの町の眺めがいい。
 由  来 
登り口から見た町方面の景色 クリックで拡大 登り口から見た町方面の景色
  14世紀の半ば、ナーン国主プラヤーカーンムアンพระยาการเมือง がスコータイ王国の寺院(現在のワット=パーマムアン)の建設に協力したとき、スコータイのリタイ王より、7片の仏舎利と精緻で美しい金銀のお守り仏をそれぞれ10体ずつ授かった。帰国したカーンムアンは、これら霊験あらたかな品々を、ナーン川の東岸の「プーピアンチェーヘン」の丘に祀るのが適当と考えた。職人につくらせた青銅製の入れ物に入れ、ぴったり蓋を閉め、漆喰で岩のように丸い形に覆い包んだ。それを深さ2mの穴に埋めてお祀りし、その上にレンガを積み上げて、高さ2mのチェディーをつくった。これが仏暦1896年ころ(西暦1353-54年ころ)とされる。カーンムアンはこの寺院をたいへん尊重し、数年後には寺院の近くに新しい町をつくって、都をウォラナコーン(プア)から移すほどであった。
  その後ナーンは、チエンマイ、ビルマ、ラッタナコーシン朝と支配者は変遷したが、この寺院は歴代の統治者によって保護・修復され、今にいたっている。
(以上、ナーン年代記および寺院の説明板などを参考にまとめた。)
開放時間 毎日 6:00-18:00
町から歩くのは遠い。自転車等を借りるか、バイタク、トゥクトゥクで行く。
仏塔祭  毎年、北タイ暦の第6月白分11-15日、つまり2月末から3月はじめころに盛大に行われる。
ワット=パーマムアン
スコータイ城壁の西側にあった寺院。現在も遺跡として残っている。
カーンムアンがこの地に遷都したときつくられた町の城壁と濠は、現在も見ることができる、という。(未確認) up
 仏 塔 (プラタートチェーヘン) 
  高さは55.5m、一辺22.5mの正方形の基壇に立っている。釣り鐘型のチェディーで、16金と真鍮と銅の合金がまわりに貼られているため、金色に輝いている。
  ラーンナー(北タイ)で、ウサギ年生まれの人が巡礼すべき仏塔とされている。
プラタートチェーヘン仏塔 クリックで拡大 プラタートチェーヘン仏塔
寺院入口から見える仏塔 クリックで拡大 寺院入口から見える仏塔
ウサギの置物が奉納される クリックで拡大 ウサギの置物が奉納される
ここにもウサギが クリックで拡大 ここにもウサギが
仏塔の造形は、ラムプーンの「プラタート=ハリプンチャイ」の影響があると推測されている。
北タイの十二支の仏塔について→here
 大礼拝堂 (ウィハーン=ルアン) 
  仏塔の南にある大きな礼拝堂で、6つの部屋を持つ。
  屋根の棟の中央は、ナーガ2頭の尾が三重に絡まり合っている形に作られている。珍しいデザインである。また、入口上部の外壁面には、牙を持つナーガ8頭が絡み合う漆喰のレリーフがあるが、ナーンの美術独特のものだ。
  内陣に祀られている本尊はラーンナー様式の仏像「プラチャオ=ラーントーン」。ナーン県で最も美しい仏像の一つで、ナーン市のシンボル的仏像でもある。
南面。屋根の中央の飾りに注目 クリックで拡大 南面。屋根の中央の飾りに注目
北面。屋根の端、入口上部の飾り クリックで拡大 北面。屋根の端、入口上部の飾り
西入口。ナーガ8頭が絡み合うレリーフ クリックで拡大 西入口。ナーガ8頭が絡み合うレリーフ
内陣の本尊 クリックで拡大 内陣の本尊
 その他 
寝仏堂  入口から登っていくと左手、寺院の壁の外にある。中にはお堂いっぱいの大きさの寝仏が祀られている。
大きな寝仏 クリックで拡大
up

◇ワット=カオノーイ วัดพระธาตุเขาน้อย
仏塔。600年の歴史がある クリックで拡大 仏塔。600年の歴史がある
新しい遊行仏の像 クリックで拡大 新しい遊行仏の像
  ナーンの中心部から南西方面へおよそ3km、標高約240mのドーイバオノーイ山の頂上にある寺院。303段の階段で登れるが、頂上まで車道が通っている。
  歴史は古く、15世紀初めにナーン国主パヤープーケンเจ้าพญาปู่แข็ง の王妃によって仏塔が建てられたとされる。それ以後も歴代の支配者が修復をくり返し、仏暦2449-54(西暦1906-12)年、プラチャオスリヤポンパリットデートพระเจ้าสุริยพงษ์ผริตเดชฯ の時代、モンインという名前のビルマ人職人によって大修理が行われた。
  寺院の端に立つ大きな仏立像(1999年建立)の付近は、絶好のビューポイントである。ナーンの町や、それを取り囲みようにして立つ青い山々がよく見え、地元の人もたくさん見物に訪れていた。
絶好のビューポイント クリックで拡大 絶好のビューポイント
         
ワット=カオノーイからの眺め クリックで拡大 ワット=カオノーイからの眺め
up

リンクバー HOME ChaophrayaTOP Nan TOP previous page next page