タイトルlinkbar HOME ChaophrayaTOP SriSatchanalaiTOP back next
シーサッチャナーライ歴史公園の見どころ(1)       城壁内  このページの内容 
◇ワット=ナーンパヤー
◇ワット=スワンケーオウタヤーンノイ
◇ワット=スワンケーオウタヤーンヤイ
◇ワット=チェディーチェットテーオ
◇ワット=チャーンローム
◇ワット=カオパノムプルーン
◇ワット=カオスワンキーリー
 
 関連ページへのリンク 
◆見どころ
 城壁内--このページ
 チャリエン地区(城壁外東部)
 焼き物地区(城壁外北部)
◆旅日記から(01年7月)(4ページ)
◆スコータイ朝の歴史
Map of Sisatchanalai Historical Park
シーサッチャナーライ歴史公園全体図
クリックすると拡大図が別画面で開きます。拡大図から各見どころへリンクしています
  スコータイより一回り小さい城壁と堀に囲まれている。往時は、宮殿、貴族の屋敷と多くの寺院が並んでいた。一般の住民は城壁外に住み、様々な行事や寺院への参拝、商売に城壁内へやって来た。現在は、城壁、城門とともに寺院がいくつか残されている。

◇ワット=ナーンパヤー วัดนางพญา
Wat NangPhaya, click to enlarge 礼拝堂の壁に残るレリーフ
Wat NangPhaya, click to enlarge チェディーと礼拝堂(手前)
  スリランカ風の釣り鐘型チェディーはスマートな印象で、正面に階段があって塔の中に続いている形は珍しい。
  チェディーの前には礼拝堂は、柱が数本と壁の一部が残る。何といっても見どころは、その壁面や格子窓の柱に残るレリーフだ。つる草や花をモチーフにしたデザインはとても美しい。当時の寺院の壁はみなこのように美しく装飾されていたのだろうか?惜しむらくは風化が進み、はげ落ちてしまっている場所も多い。屋根をつけて保存しているが、心配だ。
場所:城壁内の南東の端。城壁内正面から入ると、最も左手奥になる

上へ戻る

◇ワット=スワンケーオウタヤーンノイ วัดสวนแก้วอุทยานน้อย
  別名は、ワット=サケーオ วัดสระแก้ว。正面手前から、ウィハーンの基壇、中に仏像が祀られるモンドップ(塔堂)、一番奥にスコータイ様式の蓮のつぼみ型のチェディーが並ぶ。
場所:ワット=ナーンパヤーの西、ワット=スワンケーオウタヤーンヤイの東 上へ戻る

◇ワット=スワンケーオウタヤーンヤイ วัดสวนแก้วอุทยานใหญ่
  釣り鐘型のチェディーは、上部の鐘型の部分が崩壊している。その前には、比較的大きなウィハーンの基壇と柱が十数本残されている。
場所:ワット=チェディーチェットテーオのほど近く

上へ戻る

◇ワット=チェディーチェットテーオ วัดเจดีย์เจ็ดแถว
Wat ChediJetThaeo, click to enlarge メインのチェディー
Wat ChediJetThaeo, click to enlarge 名前通り多くのチェディーが並ぶ
  名前の意味は「7列のチェディーのある寺院」。その名の通り、純スコータイ様式、スコータイ様式の混ざったシュリーヴィジャヤ様式、スリランカ様式(釣り鐘型)など、異なる様式の仏塔が実に33基も並んでおり、壮観だ。なかでも中央のチェディーは、四角い基壇の上に蓮のつぼみ型の塔身を乗せた純スコータイ様式のもので、スマートで美しい。
  もともと境内には仏像が何体があったらしいが、盗難に遭ってしまったという。なおダムロン親王(タイ歴史学の父と称される学者)は、ここがスコータイ王家の遺骨の安置場所だったと推定している。
場所:城壁内ほぼ中央。ワット=チャーンロームと向き合う
シュリーヴィジャヤ様式・・・基壇の上に箱形の塔身を乗せ、さらにその上の中央に大きな塔、四隅に小さな塔を乗せた様式

上へ戻る

◇ワット=チャーンローム วัดช้างล้อม
Wat ChangLom, click to enlarge ワット=チャーンローム正面
  正方形の基壇に乗った大きな釣り鐘型のチェディー(仏塔)が見どころ。寺院の名前のとおり、半身の象が塔を支えている。象は各面9頭、正面は階段があるため8頭で、さらに各コーナーには大きめの象がいる。つまり合計39頭(9×3+8+4)になる。かなり痛んでしまってはいるが、よく見ると、象の首や脚には飾りがつけられており、象の前にはそれぞれ蓮のつぼみが置かれている。
  このようにチェディーを象が囲む様式自体はスコータイ周辺にいくつかあるが、このチェディーの特徴は、基壇が二階構造になっており、象は下の方でチェディーを支え、上の方には仏像が納められる龕(がん)が並んでいる点である。龕は各面5つあるが、残念ながら仏像は北面のみに残っている。
  チェディーの前にはウィハーン(礼拝堂)のあとがある。境内にはそれ以外に、小ウィハーン2棟と小チェディー2基が見られる。
  なおこの寺院は、「ラームカムヘン大王が仏暦1829(西暦1286/87)年、仏舎利を掘り起こして祝典を開いて祀り、シーサッチャナーライの町の中央に埋めたあと、その上にチェディーを建てた」という碑文の記述にある寺院ではないかと指摘されている。(あるいは、チャリエンのワット=プラシーラッタナマハータートという可能性もある)
場所:場所:城壁内ほぼ中央。

上へ戻る

◇ワット=カオパノムプルーン วัดเขาพนมเพลิง
Wat Khaophnom, click to enlarge 頂上の仏像
  カオパノムプルーンという、高さ25mの小高い丘の上にある。114段の階段を登っていくと、頂上には仏座像が一体安置されている。
  仏像の前はウィハーン(礼拝堂)のあと、背後には崩れかけたチェディーと、モンドップ(塔堂)が1基残っている。丘の頂上からは、ヨム川の流れとワット=シーラッタナマハータートのプラーンが見えた。
  この寺院の由来について、「北部年代記」によると、かつてサッチャナーライ仙人はラーチャ法師にこう教えを説いたという。「カオパノムプルーンを修行の儀式の場として使い、火を焚いて神として祀れ。ワット=カオパノムプルーンをシーサッチャナーライの中心とせよ。そこは町を作るに最適地である。すなわち、そこを中心として山々に抱かれた町を建設し、儀式を行う最適地にすべし」。
場所:城壁の北西部。小高い丘の上
Wat Khaophnom, click to enlarge 頂上からの眺め。鬱蒼とした木々に囲まれている
「北部年代記」・・・ラーマ2世王が編纂した年代記

上へ戻る

◇ワット=カオスワンキーリー วัดเขาสุวรรณคีรี
  ワット=カオパノムプルーンと同じ小山の、もう一つの頂に位置する。大きな釣り鐘型のチェディーが、5段の正方形の基壇の上に建っている。ウィハーンの基壇、小さな仏塔や寺院の壁なども残っている。
場所:ワット=カオパノムプルーンから西へ約200m。やはり丘の上にある。2つの寺院は尾根にある道でつながっている 上へ戻る

Khao linkbar HOME ChaophrayaTOP SriSatchanalaiTOP back next