titlelinkbar HOME ChaophrayaTOP SukhothaiTOP back next
スコータイ歴史公園の見どころ(1)      城壁内  このページの内容 
◇ワット=マハータートと王宮跡
◇ラームカムヘン国立博物館
◇ワット=トラパントーン
◇ラームカムヘーン大王記念碑
◇サーン=ターパーデーン
◇ワット=ソーラサック・ワット=ソンカーオ
◇ワット=サシー
◇ワット=トラパングーン
◇ワット=シーサワイ
 関連ページへのリンク 
◆見どころ
 城壁内--このページ
 城壁外北側
 城壁外西側
 城壁外南側・東側
◆旅日記から(01年7月)(4ページ)
◆スコータイ朝の歴史
  スコータイの心臓部は、東西1800m、南北1300mの三重の城壁と濠に囲まれていた。王宮跡、重要な寺院など見どころが集まっている。
Map of Sukhothai Ruins
スコータイ歴史公園全体図
クリックすると拡大図が別画面で開きます
Map of Sukhothai Ruins area01 Wat Srichum Wat PhraPhaiLuang Thuriang Kilns Wat Sorasak & Wat Sonkhao Wat Sorasak & Wat Sonkhao San Taphadaeng Wat Srasri Wat Traphang Ngoen Wat SriSawai Wat Mahathat & Former Palace Wat Mahathat & Former Palace King Ramkhamhaeng Monument Wat Traphang Thong Ramkhamhaeng National Musuem Wat ChangLom
見たい箇所をクリックしてください

◇ワット=マハータートと王宮跡 วัดมหาธาตุ และ พระราชวัง
Wat Mahathat, click to enlarge ワット=マハータート正面
Wat Mahathat, click to enlarge 水面に映るワット=マハータート
  城壁内のほぼ中央に、スコータイで最も重要な地位にあった寺院・ワット=マハータートがある。ぜひ堀の手前から見てみたい。水面に映し出された姿が美たいへんしい。
  中央にはたくさんの丸い柱に囲まれて白い仏座像が置かれ、その両脇には、 四角い太い2本の柱にはさまれるようにして、光背の付いたやはり白い仏立像が、左右1体ずつ立っている。 仏座像の奥、この寺院の中央に位置する仏塔は、蓮のつぼみの形を模したとされ、スコータイ独特の様式だという。 すらっとスマートな印象を受ける。その仏塔を四角く囲むように、クメール式の仏塔(プラーン)と、 シュリーヴィジャヤ式の仏塔が、交互に合計8基並んでいる。 全体として、左右対称で中央に行くほど高くなるように設計され、見事に均整がとれている。
Wat Mahathat, click to enlarge 中央の仏塔を8基の仏塔が囲む
Wat Mahathat, click to enlarge 正面の仏座像
   これ以外にも、様々な様式の仏塔が200基ほど、礼拝堂が10か所、 モンドップ(屋根に塔が付いた仏堂)が8つ、本堂1つ、池が4か所あったという。 実に壮大な規模の寺院だったことがわかる。クメール帝国の支配から脱して、 新たに自分たちの国を築いた当時のスコータイの人々の気概が感じられた。 ちなみに礼拝堂にあった大きな仏像は、ラーマ1世によってバンコクに運ばれ、 現在はワット=スタットに祀られている。
Former Palace, click to enlarge 王宮の基壇
  ワット=マハータート東側にスコータイの王宮があったと推定されている。有名なラームカムヘーン王碑文は、1833年、 王子時代のモンクット王(ラーマ4世)によってここで発見されたという。1983年の発掘調査で、27.5×51.5mの基壇と、前後に階段が見つかった。
場所:城壁内公園入口を入ってすぐ左手
Wat Mahathat at that time, click to enlarge ワット=マハータート
復元予想図

寺院は東向きなので、朝の方が水面に映る美しい姿が見られる。蓮の花も午前中は開いている。
Wat Mahathat, click to enlarge 仏塔基壇の遊行仏
Wat Mahathat, click to enlarge 右側の立像。左側にもある

上へ戻る

◇ラームカムヘーン国立博物館 พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติรามคำแหง
A plate of street's name, click to enlarge 道路名の看板
上段がスコータイ時代の文字
中段が現在のタイ文字
  国王夫妻臨席のもと、1964年1月25日にオープンした。スコータイやシーサッチャナーライで発掘された仏像や遺物、生活用品などが展示されているので、遺跡見物の前に見ておくと役に立つだろう。有名なラームカムヘーン王碑文のレプリカもあった。これは、タイ文字で書かれた最古の文書とされ、牧歌的なスコータイ時代をうかがわせる内容でもあり、タイでたいへん有名である。(後世の作とする説もあるが。)ここに刻まれたタイ文字は現在のものと多少違うが、少しでもタイ語が読める人ならば、有名な「水に魚あり、田に稲あり」の部分は容易に見つかるはずだ。 なおスコータイ市内の道路の名標には、現在のタイ文字と当時のタイ文字が併記してあるので 、興味ある方はお忘れなく。
Walking Buddha at Wat PhraSriRatnaMahathat, click to enlarge ワット=プラシーラッタナマハタートの遊行仏
  もう一つ印象に残ったものは、シーサッチャナーライのワット=プラシーラッタナマハタートにある大きな遊行仏(ゆぎょうぶつ)の姿である。遊行仏とは、ブッダが歩く姿をかたどった仏像のスタイルで、スコータイの仏教美術を代表する、たいへん優美なものだ。ブッダが説法に行く時の姿を現しているという記述もあるが、博物館の説明によると、亡くなった母親に仏法を説いたブッダが天から帰ってくる様子を表したものという。
場所:ワット=マハータートのすぐ東
開館 毎日9:00-16:00
入場料 150B(タイ人30B)
遺跡共通券350B(タイ人70B)で入場可能
遊行仏とは?
悟りを開いたブッダが、自分を生んで7日後に亡くなった母親(マーヤー夫人)に仏法を説くため昇天し、 90日後、ブラフマー神(梵天)とインドラ神(帝釈天)を従えて帰ってくる(三道宝階降下 さんどうほうかいこうげ。北インドのサンカーシャという場所であったと伝えられる)時の様子を表している。絵としてはバガン(ビルマ)やボロンナルワ(スリランカ)にもあるが、立像にしたのはここスコータイだけである。
(以上、博物館の説明より)

上へ戻る

◇ワット=トラパントーン วัดตระพังทอง
Wat Traphang Thong, click to enlarge スコータイ時代の古い仏塔
Wat Traphang Thong, click to enlarge 池に囲まれた寺院
  トラパントーン(金の池)の中の小島にある寺院。歴史公園の東外側の集落の中に位置し、過去の遺跡ではなく、今も僧がいて「生きている」寺院だ。
  ラームカムヘーン王の時代、仏暦1826(西暦1283/84)年に創立され、今もスコータイ時代のものとされる高さ24mの釣り鐘型(スリランカ式)のチェディーや、古いレンガ造りの本堂(仏暦2450(西暦1902/03)年に修復)が残る。また、チェディーの東には仏足石を祀る新しい建物がある。言い伝えによれば、仏暦1902(西暦1359/60)年にスコータイ王朝第6代のリタイ王がスリランカから写しを招来し、町の南西の山に祀ったものである。その後仏暦2473(西暦1930/31)年にこの地へ移されたという。
場所:公園入口の手前(新市街寄り)左手
城壁内であるが、入場料不要
Wat Traphang Thong, click to enlarge 仏足石を祀る建物
後方に仏塔

上へ戻る

◇ラームカムヘーン大王記念碑 พระบรมราชานุสาวรีย์พ่อขุนรามคำแหงมหาราช
Statue of King Ramkhamhaeng, click to enlarge ラーマカムヘーン碑文
Statue of King Ramkhamhaeng, click to enlarge 大王の像
  広場中央の基壇の上に、ラームカムヘーン大王のブロンズ像が置かれている。大王の像は高さ3m、実物大の2倍のサイズで、1975年につくられた。王は長いすに座り、右手に経典を持ってそれを国民に諭す姿で表されている。
  スコータイ朝第3代のラームカムヘーン大王(在位1279?~1298年)は、勢力範囲を拡大し、上座部仏教を広め、タイ文字を創案して碑文に刻ませるなどの大きな業績を残し、タイの歴史上の名君の一人といわれている。左手にはその、ラームカムヘーン碑文のレプリカも飾られている。
  像にお参りする人も多く、線香や花が供えられている。タイの民族的ヒーローの1人として、今も敬愛を受けているようだ。
場所:ワット=マハータートの北。城壁内ほぼ中央部

上へ戻る

◇サーン=ターパーデーン ศาลตาผาแดง
Taphadaeng, click to enlarge 祠堂の内部
Taphadaeng, click to enlarge サーン=ターパーデーン
  レンガでできた何でもない小さな建物だが、実はスコータイで最も古い建物で、 12世紀前半のアンコール=ワット建設期につくられたヒンドゥー教の祀堂である。最近の調査で、装飾品を身につけたヒンドゥーの神像と女神像の一部が発見され、上記ラームカムヘーン国立博物館で展示されている。
場所:城壁内だが、公園の北出口を出たところ
入場料不要

上へ戻る

◇ワット=ソーラサック・ワット=ソンカーオ วัดสรศักดิ์ /วัดซ่อนข้าว
Wat Sorasak and Wat Sonkhao, click to enlarge ワット=ソーラサックの塔 奥はワット=ソンカーオの仏塔と礼拝堂の跡
Wat Sorasak, click to enlarge ワット=ソーラサック
象が支える仏塔と建物跡
  ワット=ソーラサックには、釣り鐘型の塔を24頭の象が支えている、スコータイでしばしば見る様式のチェディーがある。スリランカから伝わった、当時流行した様式だという。1417年ころの創建で、1980年代に補修されている。
  すぐ隣にはワット=ソンカーオがある。半分崩れた仏塔と礼拝堂の跡が残る。この辺りは人通りも少なく、遺跡らしい静かな場所だ。
場所:サーン=ターパーデーンの北。城壁北入口の近く

上へ戻る

◇ワット=サシー วัดสระศรี
Wat Srasi, click to enlarge 寺院の南入口
  トラパンクワンという名前の大きな池に囲まれて建つ寺院。
  木橋を渡って境内に入ると、正面にスリランカ様式、釣り鐘型の大きなチェディーがそびえる。チェディーの右手(寺院の正面=東側)に、レンガ積みの基壇と仏座像、列柱が残る。ここが礼拝堂(ウィハーン)のあとだろう。
  寺院正面から見てチェディーの左手には、似た形の小振りなチェディーがもう1基立つが、その前には美しい遊行仏が祀られている。後世のものと思われるが。
  ウィハーンの東には、別の木橋が架かる。ここを渡るとやはりレンガで積まれた基壇と柱が残る。バイセーマー(結界を示す石)が何枚かあるので、本堂(ウボーソット)だと思われる。
  池に囲まれているこの寺院は、吹く風も心地よく、池に浮かぶ寺院の姿が美しい。ただ、大きな茶色いアリが登ってきて、噛まれると痛い。
Wat Srasi, click to enlarge メインの仏塔と礼拝堂跡
Wat Srasi, click to enlarge 別角度から
Wat Srasi, click to enlarge 正面(東側)、本堂から
場所:ワット=マハータートの北西
Wat Srasi, click to enlarge 美しい遊行仏
Wat Srasi, click to enlarge 本堂のある小島

上へ戻る

◇ワット=トラパングーン วัดตระพังเงิน
Wat Trapang Ngoen, click to enlarge 中央の仏塔と仏座像
  トラパングーン(銀の池)のほとりにある寺院。
  蓮のつぼみ型の、すらっとしたスコータイ様式の仏塔が建ち、その前に白い仏座像が鎮座している。列柱が残る礼拝堂のあとだ。仏塔上部には四面に仏立像がはめ込まれている。この仏塔の右手には小さな仏塔があり、その前には美しい遊行仏が置かれていた。
  東側に位置する、橋で結ばれた池中の小島には、基壇と柱が残る本堂(ウボーソット)のあとがあった。木の葉が風でこすれるサワサワという音のみが聞こえる。
 
Wat Trapang Ngoen, click to enlarge 中央の仏塔 別アングルから
Wat Trapang Ngoen, click to enlarge 銀の池 本堂のある島と橋で結ぶ
Wat Trapang Ngoen, click to enlarge 美しい遊行仏
場所:ワット=マハータートの西300m
Wat Trapang Ngoen, click to enlarge 小島に残る本堂
Wat Trapang Ngoen, click to enlarge 池中の小島から

上へ戻る

◇ワット=シーサワイ วัดศรีสวาย
Wat SriSawai, click to enlarge すらっとしたプラーンが特徴
Wat SriSawai, click to enlarge クメール風のプラーン3基
  とうもろこしのような形のロプブリー様式(クメール風)のプラーン(仏塔)が3基並ぶ寺院。プラーンの前に礼拝堂の柱が数本、さらにプラーンを囲む回廊が残っている。
  低い基壇の上に建つプラーンは、表面に漆喰で装飾が施されている。ガルーダ、ナーガや様々な神像が数多く飾られ、一部には元代の中国の焼き物と似た模様もあるという。
  プラーンは3基とも内室があり、ここから水上で眠るナーラーイ神の像やシヴァリンガなどが見つかったので、もともとヒンドゥー教の寺院だった。のちに礼拝堂を加えて仏教寺院に変えられたと考えられている。
Wat SriSawai, click to enlarge 後方から
Wat SriSawai, click to enlarge くずれた回廊
クメール風の窓がわかる
Wat SriSawai, click to enlarge プラーンに飾られた神像
場所:ワット=マハータートの南350m。南門の近く
Wat SriSawai at that time, click to enlarge ワット=シーサワイ
復元予想図
 
プラーンの神像たちの説明
下の写真をクリック! ワット=シーサワイ クリックで拡大

上へ戻る linkbar HOME ChaophrayaTOP SukhothaiTOP back next