titlelinkbar HOME ChaophrayaTOP SukhothaiTOP back next
スコータイ歴史公園の見どころ(2)      城壁外北側  このページの内容 
◇城壁北門(サーンルアン門)
◇ワット=プラパーイルアン
◇ワット=シーチュム
◇トゥリアン窯
◇ワット=メーチョーン
 関連ページへのリンク 
◆見どころ
 城壁内
 城壁外北側--このページ
 城壁外西側
 城壁外南側・東側
◆旅日記から(01年7月)(4ページ)
◆スコータイ朝の歴史
  城壁の北部は、スコータイ独立以前、クメール統治時代の中心地だった。数は多くないが、ぜひ見ておきたい見どころがある。
Map of Sukhothai Ruins
スコータイ歴史公園全体図
クリックすると拡大図が別画面で開きます
Map of Sukhothai Ruins area01 Wat Srichum Wat PhraPhaiLuang Thuriang Kilns Wat Sorasak & Wat Sonkhao Wat Sorasak & Wat Sonkhao San Taphadaeng Wat Srasri Wat Traphang Ngoen Wat SriSawai Wat Mahathat & Former Palace Wat Mahathat & Former Palace King Ramkhamhaeng Monument Wat Traphang Thong Ramkhamhaeng National Musuem Wat ChangLom
見たい箇所をクリックしてください

◇城壁北門(サーンルアン門) ประตูศาลหลวง
SanLuang Gate (north), click to enlarge サーンルアン門 向こうが内側
  スコータイの城壁には、当時東西南北4つの城門があった。そのうちの北門は、サーンルアン門とよばれた。草の生い茂る土盛りの城壁に開いた門で、現在は片側1車線の車道になっている。
場所:サーンパーデーンの前の道を道なりに行く

上へ戻る

◇ワット=プラパーイルアン วัดพระพายหลวง
Wat PhraPhaiLuang, click to enlarge 東からの眺め 手前左が四体仏
順にチェディー、プラーン
Wat PhraPhaiLuang, click to enlarge 西からの眺め 手前がプラーン
奥が中央礼拝堂、チェディー
  ワット=マハータートに次ぐ重要な位置にあった寺院で、一辺600mの三重の堀に囲まれた広い境内を持つ。かつては集落の中心にあったらしい。
  目につくのは、ワット=シーサワイと同じように3基並んだクメール風のプラーンだ。この寺院で最古の建造物で、12世紀末のクメール王ジャヤヴァルマン7世の時代のものだという。表面にはブッダの前世の話が漆喰で描かれていたというが、現在、形がよく残っているのは、いちばん北側の1基のみで、あとは崩れてレンガがむき出しになってしまっている。
Wat PhraPhaiLuang, click to enlarge ウボーソット(本堂)
Wat PhraPhaiLuang, click to enlarge 1基のみ残るプラーン
  なお、プラーンの後方にはバイセーマーで囲まれたウボーソット(本堂)の跡があり、基壇・柱・仏座像がよく残っている。
  一方、プラーンの前(東側)にはたくさんの柱が立っている。中央礼拝堂の跡とされ、スコータイ時代に加えられたものだと考えられている。その前には、スコータイ様式の蓮のつぼみ型チェディー(仏塔)があった。この寺院で最も後世の、スコータイ時代末期の建設だという。今は半分ほど倒壊しているが、ラムプーンのチャーマテーウィーにあるチェディー=クークットのように、かつては四面に仏像がずらりと祀られていた。
  もっとも前面には、ワット=チェトゥポンと同様の四体仏(立、歩、座、寝)が祀られたモンドップ(塔堂)があった。現在は辛うじて遊行仏のみが残っている。
Wat PhraPhaiLuang, click to enlarge プラーンと柱が残る中央礼拝堂
Wat PhraPhaiLuang, click to enlarge チェディー(左)とモンドップ(右)
Wat PhraPhaiLuang, click to enlarge 辛うじて残る遊行仏
場所:北門を出ると見えてくる。ただし自転車用の入口は西側、つまりワット=シーチュムの方にある
Wat PhraPhaiLuang at that time, click to enlarge ワット=プラパーイルアン復元図
Wat PhraPhaiLuang at that time, click to enlarge 中心部復元図
上へ戻る

◇ワット=シーチュム วัดศรีชุม
Wat SriChum, click to enlarge 手前には礼拝堂の跡。柱が残る
Wat SriChum, click to enlarge 入口で大仏と目が合う
右手には小礼拝堂がある
  入口から正面を見ると、柱と建物のすき間から白い大きな仏像と目が合って、ドキッとする。その視線に引き込まれるようにして建物の中に入ると、白く塗られた大仏 (「アッチャナ仏 พระอัจนะ」 動揺しない者、不動の者という意味。高さ15m、幅11.3m)が建物いっぱいにちょっと窮屈そうに収まっている。建物は屋根の上部が無くなっているが、四方の厚い壁は残り、全体としてどっしりした印象を受ける。
  なお現在は登ることはできないが、壁の左側には人が通れるほどのすき間があり、階段が上部へ続いている。壁には当時の絵がかすかに残り、天井にはジャータカが描かれた50枚の石板という。このような隠し通路がある理由だが、天井から話すとあたかも大仏が話しているように聞こえたため、将兵をここに集めて鼓舞したのだという。
Wat SriChum, click to enlarge アッチャナ仏を見上げる
Wat SriChum, click to enlarge アッチャナ仏(2008年)
Wat SriChum, click to enlarge アッチャナ仏(2001年)
Wat SriChum, click to enlarge アッチャナ仏の納まる塔堂裏側
上部の石板がジャータカの描かれた石板だろうか?
場所:城壁の北、ワット=プラパーイルアンの西側
Wat SriChum at that time, click to enlarge ワット=シーチュム復元図
ウィハーン(礼拝堂)とモンドップ(屋根に飾りのある建物。塔堂)のペアが大小2組あった。大きい方は、塔堂にアッチャナ仏が納められ、屋根はピラミッド型、礼拝堂は壁付きだった。小さい方は、塔堂は切り妻屋根で礼拝堂に壁はなかった、と考えられている。
Wat SriChum, click to enlarge 大仏右手の
小モンドップと礼拝堂
上へ戻る

◇トゥリアン窯 เตาทุเรียง
Thurian Kilns, click to enlarge 窯の1つ
  ワット=プラパーイルアンの堀をメーチョーン แม่โจน というそうだが、この堀の北側に37か所の窯跡が見つかっている。ちなみに、スコータイ歴史公園の周辺では全部で49か所の窯跡がある(残りは城壁南側に9か所、東側に3か所)ので、ほとんどがここに集まっているといえる。
  窯はおおよそ縦4.5m、幅1.5-2mほどの大きさで、亀の甲羅のような形をしている。ここで焼かれた焼き物は、大きな厚手の茶碗がほとんどで、黄色みを帯びた灰色の釉薬が塗られ、黒い線で魚、花、円盤などの模様が描かれていた。
  ここやシーサッチャナーライで作られた焼き物は「サンカローク焼き」として知られ、スコータイ王国の重要な輸出品であった。ラーンナータイ、アユタヤー、南タイの諸国をはじめ、遠くフィリピン、インドネシア、琉球などへも輸出された。
場所:ワット=プラパーイルアンの北側。草地の中にたくさんある

上へ戻る

◇ワット=メーチョーン วัดแม่โจน
Wat Maechon, click to enlarge
Wat Maechon, click to enlarge
  幅7.5m、奥行き11.5mの基壇は礼拝堂の跡で、その奥に仏座像が1体たたずんでいる。その向こうには仏塔がほぼ基壇のみ残っている。
場所:北門を出てすぐ左側

上へ戻る linkbar HOME ChaophrayaTOP SukhothaiTOP back next