titlelinkbar HOME MekongTOP NakhonRatchasimaTOP back next

旅日記から  知られざるコーラートを訪ねて  12年8月  (1)
 このページの内容   ◇8月29日 ◇8月30日
 関連ページへのリンク   ◆旅日記から (1)  (2)  (3)  ◆ナコーンラーチャシーマー 見どころ

 2012年8月29日(水)  くもり 到着時30℃  バンコク → コーラート

 夜遅くコーラートに到着
Northern Bus Terminal, Click to enlargeバンコク北バスターミナル
  15:55、ほぼ定刻通りにCI835便でバンコク・スワンナプーム空港に着陸。入国審査はスムーズだ。以前は長蛇の列で評判の悪かったこの空港だが、さすがに改善されているのだろうか。
  ここから北バスターミナル(モーチット2)まで、国鉄"Airport link"でパヤータイ駅まで行き(35分)、BTS(Sky Train)に乗り換えてサパーンクワーイまで(10分)、さらにミニバス77番に乗って行く。渋滞で時間がかかったが、空港からおよそ1時間20分、17:50ころには着いた。
バス77番とBTSとの乗り換えは、他の駅でも可能だが、戦勝記念塔駅は広い上にバスの路線が多く探すのが大変、モーチット駅は乗降客多く混雑する。
  北バスターミナルは1階が北部方面、上の階が東北方面の切符売り場になっている。2階へ上がるが、ものすごい数のブース。迷っているとインフォメーションの人が声をかけて教えてくれる。18:25発の切符が購入できた。市街中心に近いコーラートの旧(第1)ターミナルに着くバスなので都合がよい。
SriWichai Hotel, Click to enlarge3泊したシーウィチャイホテル
  バスは定刻通りに出発する。コーラとパンのサービスに毛布まで貸してくれ、快適。19:50ころアユタヤー県を通過する。雨が降っている。このあとサラブリー辺りまで起きていたが、その後寝てしまった。気づくと有名なチョークチャイ農場の看板が見えた。分水嶺を越え、ナコーンラーチャシーマー県に入ったようだ。
  22:00、バンコクからおよそ3時間半で、コーラートの旧ターミナルに到着した。遅い時間のためか人影はまばらだが、このあと同じバス会社の23:00発のバンコク行きがある。あらかじめ目星をつけておいたホテルまで歩いて5分あまり、空室があってチェックインできた。晩ご飯を食べるほど空腹ではないし、時間も遅いので、コンビニでビールを買ってお菓子をつまみに飲む。外は日本と違って涼しい。
両替レート
 100円≒39B
 (1B≒2.57円)

15:55 バンコク空港着
16:30 AirPort Link スワンナプーム駅発 パヤータイ駅まで35分45B
BTSに乗り換え、サパーンクワーイ駅まで25B
ミニバス77番に乗り換え、8B
17:50 モーチット2到着 18:25 モーチット2出発、冷房1等バス220B
22:00 コーラート旧バスターミナル到着
(宿泊)
シーウィチャイホテル 1泊500B
エアコン、TV、冷蔵庫、ホットシャワー・バスタブ付
up

 2012年8月30日(木)  くもり 夕方スコール  コーラート→スーンヌーン→コーラート

 旧コーラートの遺跡群を訪ねる
Bus to SungNoen, Click to enlarge スーンヌーン行きのバス
コーラート旧バスターミナルにて
  かつてのコーラートの町は、西へ30kmあまりのスーンヌーンにあったという。そこまで小旅行だ。
  旧バスターミナルでスーンヌーン  สูงเนิน  行きのバスはすぐ見つかった。冷房なしのローカルバスだ。国道2号線を西へ向かう。市内ではゆっくり走りあちこちで客を乗せていく。郊外へ出るとスピードを上げ、約1時間でスーンヌーンの町に着いた。車掌のおばさんが「あそこのバイクタクシーに乗っていくんだよ」と教えてくれる。遺跡見学に行くとは言ってなかったが、外国人がこの町へ来る目的は、他にはないのだろう。
スーンヌーン行きのバスなど県内近郊行きのバスやソンテウは、市街にある旧バスターミナルから出発する。英語の案内は乏しいので、周りの人に聞くしかないが、「スーンヌーン」の発音は難しい。タイ語表記を見せるのも一方法かも。(数行上を参照)
  せっかくなので、バスを降りたところにある市場を見学する。もういちばんにぎやかな時間は終わってしまったようだ。バイクタクシーをチャーターして出発。慣れるまでは振り落とされないか少し心配になる。
Prasat NonKu, Click to enlarge ノーンクー遺跡
Buddha in Nirvana at Wat Thammacak, Click to enlarge ワット=タンマチャックセーマーラームの涅槃仏
  線路を越え、左の方へしばらく行くとワット=タンマチャックセーマーラームgo to the link pageだ。まず有名なドヴァーラヴァティー時代の涅槃仏と対面する。力強さと表情の優しさのアンバランスが印象的だ。別棟の収蔵庫にはこの寺院の名前にもなっている大きな砂岩製の法輪(タンマチャック)がある。ムアン=セーマー遺跡go to the link pageはすぐそばにあった。濠のあとといくつか建物の遺構が散在しているが、広大な敷地なので全体像はつかめない。
  今までのものは7-8世紀のドヴァーラヴァティー時代のものだが、以下の3つの遺跡はクメール帝国が支配した時代のものになる。場所も東へ少し離れた所にある。そのうち最初に訪ねたムアンケーク遺跡go to the link pageの規模が最も大きい。楼門、主祠堂、回廊など当時の遺構がよく残り、修復されている。その近くにノーンクー遺跡go to the link pageがある。数段高くなった主祠堂にブランコ状に残る柱とリンテルが印象的だ。そこからやや離れたところ、仏教寺院の敷地内にムアンカオ遺跡go to the link pageはあった。木々の影に隠れるように池と施療院の跡がひっそりと残っていた。
  古い時代の寺院や遺跡なのだが、最初のワット=タンマチャック以外、見学者と出会わなかった。有名なピマーイももちろんいいのだが、こちらもわざわざ訪れる価値はあると思う。13:00ころ、出発した市場に帰ってくる。昼ご飯を食べようと思ったのだが、めぼしい食堂が見つからず、コーラート行きのバスがやって来たので乗ってしまう。
 
朝食 ホテルの部屋で昨日買っておいた缶コーヒーとパン
8:50 ホテル出発
9:30 旧バスターミナルからスーンヌーン行きバスに乗車。22B
10:30 スーンヌーンの市場に到着
ここでバイクタクシーをチャーター
10:50-13:00くらい、5か所をまわる。350B
13:00 スーンヌーン市場からバスに乗る。22B
up

 コーラート市内を歩く
A cat in Wai Salaloi, Click to enlargeワット=サーラーローイの猫
このあと参拝のおじさんにお腹をなでられご機嫌だった
  スーンヌーンからのバスはなぜか新バスターミナルの方へ向かったので、ちょうど見えてきたスーパーマーケットBigCの前で降りた。遺跡見学はそれほど暑くなかったとはいえ、冷房の効いた店内はやはりホッとする。昼食を食べて元気回復。歩いてコーラートの町へ戻る。その途中、さっき乗って来たバスとすれ違う。車掌のおじさんと目が合い挨拶する。
  最初に向かったのは、スラナーリー像の近くのマハーウィーラウォン国立博物館go to the link page。ワット=スッタチンダーという寺院の境内にある。以前(1986年)来た時は雑然とした「収蔵庫」という感じだったが、すっかり整備されて、小さいながら展示品は充実している。午前中に訪ねた場所からの出土品もある。
  旧市街の北東のはずれ、ターオ=スラーナーリーゆかりのワット=サーラーローイgo to the link pageへ向かう。距離があるのでトゥクトゥクと交渉し、何台か目でようやく40Bでいく人がいた。この寺院、本堂よりも、スラーナーリーの遺灰が祀られる金色の小さな仏塔にお参りする人の方が圧倒的に多い。帰りはゆっくり歩いて帰る。旧市街ではナイトマーケットの準備が始まっていた。ラックムアンgo to the link pageもお参りの人が多い。北門近くに白象祠go to the link pageがあり、お参りする。金箔がたくさん貼られた象が祀られていた。
Banana Day in Korat, Click to enlarge「2013年コーラートバナナの日」と書いてある。物産展のようだが、さっき降ったスコールのせいか、人はまばらだった
  夕方になったので、「ロンプラ」に載っている食堂を探すが見つからない。と、突然スコール。雨宿りをするが、なかなか止まない。小降りになったので再度食堂を探すが、また激しく降ってきて雨宿りする。宝くじ売りのおじさんも一緒だ。顔を見合わせて「止まないねぇ」と声を出さずに挨拶。そうこうするうちに雨が降り始めて1時間も経ってしまった。仕方がないので目の前にあった、ちょっと高そうな食堂に入ってみた。小じゃれた内装だったが、さすがタイ、料理はおいしい。値段もまあまあ。
  雨はすっかり止んでいた。ホテルへの帰路、スラナーリー像go to the link pageにお参りする。ここもいつ来ても参拝者が多い。その背後にある「チュンポン門」が赤くライトアップされていた。  
14:00 コーラート市内Big C前で下車
そこのクーポン食堂で昼食。クヮイティャオキャオプラー(魚のワンタン入り麺)35B、コーラ13B
14:30-17:30 コーラート市内をおもに歩く。旧市街からワット=サーラーローイまでトゥクトゥク40Bを使う
A Ticket for Maha Wirawong National Museum, Click to enlarge
17:30-18:30 雨宿り
夕食「Honsa」という食堂。ビアシン2本、ヤム・パクブンクロープ(パクブンの天ぷらのヤム)、カオパットクン(エビ入り炒飯)380B
Dinner, Click to enlarge
スラナーリー像にお参り
20:30 ホテル帰着
(宿泊)同前
シーウィチャイホテル 1泊500B

linkbar HOME MekongTOP NakhonRatchasimaTOP back next