titlelinkbar HOME MekongTOP NakhonRatchasimaTOP back next
ナコーンラーチャシーマー 見どころ紹介 (3)
  ピマーイ遺跡 その2 ปราสาทหินพิมาย
 このページの内容 
◇ピマーイの来歴
◇神殿のみどころ(1)回廊まで
◇神殿のみどころ(2)回廊の内側
◇伽藍配置図
以上は前ページ
◇プラトゥーチャイ(勝利門)
◇クティ=ルーシー(仙人の家)
◇メール=プロマタット
◇ピマーイ国立博物館
◇サイガーム公園
 関連ページへのリンク 
◆見どころ
 市内とその周辺
 郊外(パノム=ワン遺跡など)
 ピマーイ 遺跡1 2
 バーンプラサート
 旧コーラートの遺跡群1 
旅日記から・・・・知られざるコラートを訪ねて '12.08(3ページ)
Passage way, Phimai, click to enlarge ピマーイ遺跡 神殿正面(南側)
正面の塔が主祠堂、右側はプラーン=プロマタット
  ナコーンラーチャシーマーから国道2号線を北東へ約60km。「タイのアンコール=ワット」として有名なピマーイの遺跡は、タイ最大のクメール遺跡でもある。
  ピマーイの町の中心にある神殿が最大の見どころではあるが、当時の城壁・城門や神殿に付属している建物なども見学すると、ピマーイの町自体が長い歴史を持っていることを実感できるだろう。また、神殿で発見された貴重な文化財は、近隣の遺跡のものも含めて国立博物館に展示されている。ここまで来たらぜひ立ち寄って、クメール帝国の高度な文化の一端にふれたいところだ。

◇プラトゥーチャイ(勝利門) ประตูชัย
Chai Gate, Phimai, click to enlarge 正面に神殿が見える(2012年)
Chai Gate, Phimai, click to enlarge プラトゥーチャイ南側
  かつてピマーイには、神殿を中心に幅(東西方向)565m、長さ(南北方向)1030mの都市があり、濠と城壁に囲まれていた。その城壁には、東西南北四方に城門があり、次のようによばれる。
-南門=プラトゥーチャイ(勝利の門)
-西門=プラトゥーヒン(石の門)
-北門=プラトゥーピー(精霊の門)
-東門=プラトゥータワンオック(東門)
  12世紀後半のジャヤヴァルマン7世の時代に建てられた南門のプラトゥーチャイは、首都アンコールに通じる王道の出発点でもあり、いわばピマーイの正門である。門からはちょうど神殿の主祠堂が正面に見える。かつてピマーイを訪れた旅人が最初に見た光景なのだろう。
神殿の入場門から南へ約400m
Chai Gate, Phimai, click to enlarge 1986年のプラトゥーチャイ
このころは神殿と城門の間はガランとしていた。今はすっかり街になってびっくりした。 up

◇クティ=ルーシー(仙人の家) กุฏิฤาษี
Kuti Rusi, Phimai, click to enlarge クティ=ルーシーを北側から見る
手前はバライ(池)
  ジャヤヴァルマン7世 Jayavarman VII (在位1181-1218年)がクメール帝国内に築いた102か所の施療院の1つだとされる。小さな主祠堂を寺壁が囲んでいたようだが、現在は基壇と一部分を残すだけで、訪れる人も少ないようだ。
  内部へはどこからでも入れるが、順番通り東側のゴープラ(楼門)から入ることにする。ラテライト製のゴープラは上部が完全に失われ、基壇だけになっている。その先すぐに主祠堂がある。ラテライトの基壇と砂岩製の建物の一部が残り、門柱やまぐさ石もあるが、装飾は見て取れなかった。屋根はなくなっている。主祠堂の左手にもラテライトでできた建物の基壇がある。バンナーライ(経蔵)だと考えられている。内部には蓮の花をかたどったような石が置かれていた。
Kuti Rusi, Phimai, click to enlarge 主祠堂。辛うじて建物の形が残る
Kuti Rusi, Phimai, click to enlarge ゴープラ。東を向いている
  建物の北東側にはバライ(池)がある。かつてはラテライト製の蓋で覆われていたという。池の縁が段になっていて、確かに蓋が置けそうな構造だ。
プラトゥーチャイからさらに南へ300mほど行くと左手の湿った草地にある
Plan of Kuti Rusi, Phimai
Kuti Rusi, Phimai, click to enlarge 側面からのながめ
ゴープラ(左)、バンナーライ(中)、主祠堂
Kuti Rusi, Phimai, click to enlarge バンナーライ(経蔵)
up

◇メール=プロマタット(プロマタットの火葬台) เมรุพรหมทัต
  レンガ製のチェディー(仏塔)で、アユタヤー時代後期のもの。盛り土の上に建てられ、下から階段を登ってチェディーにいたる。チェディーは基壇と基部はよく残っているが、上部のレンガはかなり崩れ落ちてしまっている。
  地元に伝わる美女オラピムの言い伝えによると、ピマーイの領主ターオ=プロマタットはオラピムを奪おうとしてアンコール=トムの王子ターオ=パーチットに殺された。その後、プロマタットの葬儀が王子とオラピムによって行われた場所がここだと言われる。
神殿の東側、城壁内にある。 up

◇ピマーイ国立博物館 พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติพิมาย
来歴
  初めは、古い遺物を管理、露天展示する博物館だったが、仏暦2507(西暦1964)年以降、ピマーイ遺跡の発掘と修復で得られた遺物や、東北地方各県から集められた遺物を収集管理し、展示する施設へと発展した。仏暦2532(西暦1989)年には、国王陛下のご好意もあって、展示室や事務所の建物の建設に予算が付き、2536(西暦1993)年12月4日、シリントーン王女殿下をお迎えして正式にオープンした。
National Museum, Phimai, click to enlarge 第2展示場は屋外。1986年に来た時はここだけだった
National Museum, Phimai, click to enlarge 第1展示場
手前の池は12世紀前半につくられた
第1展示場(建物内)
  バーン=プラサートから発見された先史時代の土器から、アユタヤー時代の仏像まで多くの展示物があるが、中心はピマーイや県内のスーンヌン郡の旧コーラートの遺跡からの出土品である。
  1階中央部には、様々なリンテルが建物にもともとあったように展示されている。とくにスーンヌン郡のムアン=ケークで見つかったヒンドゥーの神々が刻まれたリンテルはどれもすばらしい。
第2展示場(屋外)
  屋根がある屋外に、リンテルや破風などがやや雑然と並べられている。
神殿の北東300mほどの道路沿いにある。
開館:9:00-16:00。月火曜・祝祭日閉館
入館料:100B(タイ人20B)
 
コーラート-ピマーイ間のバス停が博物館前にあるので、行きか帰りに立ち寄ることができる。 up

◇サイガーム公園 ไทรงาม
Sai Ngam, Phimai, click to enlarge 木の下はとても涼しい
Sai Ngam, Phimai, click to enlarge サイガーム外観
  樹齢350年という榕樹(ようじゅ、ガジュマル。タイ語では「サイ」)の木が数本集まっている場所。この木は枝の途中から根を出し、それがやがて幹になるという特性を持っているので、50mx20mもの大きさに成長している。ラーマ5世時代に王族の女性がここを訪れ、サイガーム(美しい榕樹)と名付けて以来、有名になった。
  大きな木の下は昼間でも薄暗いが、涼しくて心地よい。地元の人たちの憩いの場所にもなっている。木の精霊をまつる祠や、簡単な食べ物や飲み物の屋台などもある。
神殿から東へ1kmあまり
歩いても行けるが、神殿付近にいる自転車サムローに連れて行ってもらってもいい
 
帰りは神殿のある町まで戻ってもいいが、北の方へ20分ほど歩くとバス通りに出るので、そこでコーラート行きのバスを拾うことができる
up

このページの記述は、以下の書物やサイトを参考にしました。
「タイの事典」同朋舎出版、梶原俊夫「イサーンの旅」めこん、"นำเที่ยว ๗ ปราสาทหินแห่งอีสานใต้ " สำนักพิม เมืองโบราณ(タイ語)、歴史公園のパンフレット(日本語)、国立博物館のパンフレット(タイ語)、http://www.comingthailand.com(タイ語)

linkbar HOME MekongTOP NakhonRatchasimaTOP back next