titlelinkbar HOME MekongTOP SiphandonTOP
メコンの中州に浮かぶ4000の島々
シーパンドン(コーン島/デット島)
Sunset of Mekong, enlarge to click メコンの夕暮れ
 メコン川は、ラオス南部のカンボジア国境に近い場所まで流れてくると、変化に富んだ景色を見せてくれる。無数の中州は「シーパンドン」(4000の中州)とよばれ、迫力のある滝もある。
 シーパンドンの中にあるコーン島やデッド島には、近くの観光スポットを訪れる拠点として、外国人向けの宿泊施設が多くある。島には水道や電気がなく、人々もほんとうに素朴で、メコンにとけ込んだ暮らしを体験しながら、のんびり滞在できる。
 
camera   見どころ
GOコーン島 Khon Island
 かつてフランスはこの辺りの急流を避けるため、荷物をいったん陸揚げして鉄道で運んだ。その遺物を見ることができる。また島の西にはソムパミットの滝(リーピーの滝)がある。しかし一番の見どころは、流れ行くメコン川をゲストハウスのベランダからゆったり眺めることかもしれない。
►フランスがつくった鉄道の機関車と鉄道橋
►ソムパミットの滝(リーピーの滝)
►メコン川の眺め
GOデット島 Det Island
 コーン島のすぐ北にある島で、2つの島は上記の橋で結ばれている。本土からの船が着く北側を中心に、外国人用の宿泊施設や食堂が並ぶが、それ以外はコーン島と同様にのどかな風景が広がる。
►フランスがつくった鉄道用桟橋
►デット島の景色
GOコーンパペンの滝 Khone Phapheng Falls
 この辺りにある滝の中で、最大でもっとも有名。コーン島からカンボジア国境に向かって南下したところにある。一大観光地で、立派な見晴台が設けられ、レストランと売店が並んでいる。滝は東南アジア最大と言われるが、それより水量の多さが印象的で、荒々しく豪快な感じを受ける。
地図  
foot foot  行き方
バス(ソンテウ)・・・・パークセーのバスターミナルから、バーンナカサンまで約3時間。30,000K。本数はそれほど多くないので、朝早く出発したい。
バーンナカサンからは船で、デット島(北端)まで1艘20,000K、コーン島(橋の近く)まで1艘30,000K。(いずれも'05年1月情報)
上へ戻る

linkbar HOME MekongTOP SiphandonTOP