titlelinkbar HOME MekongTOP UbonRatchathaniTOP KhmerRuinsTOP back next

旅日記から  幻のクメール遺跡カオプラウィハーンを訪ねる  03年12月-04年1月  (3)
 このページの内容   ◇12月31日 ◇1月1日
 関連ページへのリンク  ◆旅日記から(1) (3) ◆ウボンラーチャターニー ◆カオプラウィハーン

 2003年12月31日(水) 晴れ  ウボン市内散策

 おいしいカイヤーン
  ホテルのそばの交差点の角に、飾り気のない、わりと大きなカイヤーンの店があった。カイヤーンとは東北タイの名物料理で、鶏肉(カイ)をタレにつけて炭火であぶり焼きする(ヤーン)料理である。たいてい店先で焼いていて周りに香ばしい香りを流している。ある意味日本のウナギ屋とよく似ているが、カイヤーンは高級料理ではない。
  このカイヤーン屋からもおいしそうな香りが漂っている。見ていると、店の中で食べる人以外に、バイクや自動車で乗り付けてテイクアウトする人も多い。かなりはやっているようなので、昼食を食べに入ってみた。カイヤーンの他に、プラーヤーン(魚のあぶり焼き)と、東北タイの主食カオニャオ(蒸した餅米)を注文した。カイヤーンは決め手のタレに独特の甘辛味があって、カオニャオとよく合う。プラーヤーンはたぶん川魚だと思うが、腹に香草が詰めて焼いてあるので生臭みもなく、焼き鯛に似た味がしておいしい。
  この店は昼に売り切れたら閉店のようで、食べ終わった午後1時頃には客はほとんどいなく、店も片づけを始めていた。翌日の昼にもう一度訪れた時は、プラーヤーンとカオニャオの他、ソムタムタイを食べたが、これもなかなかおいしかった。こういう店が何気なくあるのが、いかにもタイらしいところだ。
Wat NongBua, click to enlarge ワット=ノーンブア
ブッダガヤのものを模した白い仏塔が目立つ
  午後は、まず国立博物館go to the link pageに行ってみた。タイではそこそこ大きな街や遺跡等のそばに、必ずと言っていいほど国立博物館がある。しかもどこもこぎれいに整備されていて、ゆっくりと気持ちよく展示が見られる。展示物の内容もその地域の特色をふまえたものが多い。 この博物館は入口で下履きを脱ぐようになっている。裸足になると床が冷たくて気持ちいい。昨日見たパーテムの岩絵のレプリカ、ドンソン文化の青銅製の太鼓などのほか、魚や蛙を捕まえるトラップや、餅米を入れる櫃など、竹でつくられたこの地方の日用品がおもしろい。
  次に街の北のはずれにあるワット=ノーンブアgo to the link pageをめざした。ソンテウNo.10に乗って途中で降りるつもりが、それらしいワットが見つからず、結局バスターミナルまで行ってしまった。そんなに遠くないところにワット=ノーンブアの白い塔が見えたので、トゥクトゥクで行こうと交渉するが、どの人も40Bから下がらない。そこでもう一度ソンテウNo.10に乗って引き返すことにした。今度は運転手に降ろしてくれるよう頼んでおいたので、一番近い交差点で降ろしてもらえ、そこからの道順も教えてくれた。親切な運転手に感謝。そこから歩いて5分ほどで、ブッダガヤの塔を模してつくられたという大きな白い仏塔が特徴のワット=ノーンブアに着いた。
両替レート:1バーツ=約2.8円
午前中 ホテルで休憩 12:00ころ昼食。カイヤーン屋にて。安くてうまい!90B
トゥクトゥクで国立博物館まで。30B
。 13:15-14:00 国立博物館見学。入場料30B
ソンテウNo.10で、ワット=ノーンブアへ。5B(降りそこねたので+5B)
ソンテウNo.11で、ロータスまで。5B
17:00ころ ソンテウNo.10で街へ、ソンテウNo.12に乗り換えホテルへ帰着。5B+5B
up

 ウボンの新年
LaiThong Hotel, click to enlargeイルミネーションのきれいな年末のホテル
  そういえば今日は大晦日である。この気候だし、タイでは4月のソンクラーンを盛大に祝うので、街に行っても大晦日という実感はそれほどない。それでも街の真ん中のろうそくのある公園は露店が出てにぎわっているし、この日遊びに行ったスーパーマーケットのロータスもかなりの人出だった。夕食後、ホテルの部屋でTVを見ていると、タックシン首相や国会議長らのあいさつが始まった。深夜12時近くになると、どのチャンネルもバンコクからの生中継を送っていた。チャンネルごとに拠点が違うらしく、チャンネルを変えるとバンコクのいろんな場所の様子が映し出される。とくにラーチャダムリのセントラルワールドプラザの人出はものすごい。いよいよ12時が近づくと、各チャンネルともカウントダウンを始めるのだが、チャンネルによって15秒くらいのずれがあるのがタイらしい。
  「3、2、1、0」。「サワッディーピーマイ!」。2004年になった。その時窓の外から花火がドカーンと上がる音が聞こえた。どうやらろうそくのある公園のあたりで上げているらしい。窓を開けて花火を見る。20~30発上がっただろうか。窓の下から「花火だ」という日本語が聞こえた。見ると女性が5人ほど道に出て、花火を見て拍手をしていた。どこからかお寺の鐘がカーンカーンと乾いた音色で鳴っている。バイク5、6台に乗った兄ちゃんたちがホテルの前の道を飛ばしていった。そして、またいつもの夜の沈黙が戻ってきた。バンコクの大騒ぎと対照的な、控えめな新年の迎え方だ。空には星が瞬き、かすかに花火の匂いが漂っていた。
夕方ホテルのフロントで、きのうカオプラウィハーンとパーテムに連れて行ってもらった運転手氏に会う。今日はパーテムまで行ってきたそうだ。
19:00ころ夕食。昨日と同じ「スアン・アーハーン」にて、415B
[宿泊]同前(ライトーンホテル 1泊1300B)
up

 2004年1月1日(木) 晴れ  ウボン→(夜行列車)→バンコクへ

 夜行列車でバンコクへ
HualamphongStation, click to enlarge早朝のフアラムポーン駅
  チェックアウト時間の12:00までゆっくりホテルの部屋で休んで、昼食後、ロータスへ買い物に行く。人が一杯、やはり新年だ。MKスキは午後3時をまわっても行列ができていた!
  夕方駅に着くと、私たちの乗る特急列車がちょうどホームに入線してきた。機関車-荷物車-1等寝台(1両)-2等冷房寝台(4-5両)-2等冷房なし寝台(4-5両)-2等座席(7-8両)という、20両にもなるものすごい長い編成だ。年末年始を故郷で過ごしてバンコクへ帰る人が多いのだろう。駅も人であふれていた。時間があるのでホームの店で少し腹ごしらえをしたあと、飲み物やお菓子を買い込んで列車に乗り込んだ。私たちは1等寝台に乗った(それしか空席がなかった)が、2人1部屋のコンパートメントになっていて、少し贅沢だが快適この上ない。食堂車から食事の注文を取りに来たので、買い込んだビールのつまみに少し頼む。
  定刻の17:55、列車は夕暮れのウボン駅を出発した。まもなく車掌が検札に、続いて係員がベットをあつらえてくれた。寝台車は1等も2等も日中は座席になっていて、夜になると係員がベッドにしてくれる。シーツや枕カバーものりが利いていて気持ちいい。
  ウボンを出てまもなく日が暮れ、あたりは真っ暗になる。電気の明かりが見えると、そこは街で駅があり、たいてい列車も止まる。それ以外は本当に暗やみが続く。それだけ人口密度が低いということだろう。スリンのあたりまでは起きていたが、いつの間にか寝ていた。
  翌朝は「ティーニー・スターニー・アユッタヤー」(こちら、アユタヤー駅)というアナウンスで目が覚めた。まだ午前3時半、外は暗いが、もうアユタヤーということは、バンコクまで1時間あまりで着いてしまう。どうやらほぼ定時運行されているようだ。その後も列車は見覚えのある駅に次々に止まり、定刻通り早朝4:50、ようやく空が白み始めたバンコク・フアラムポーン駅に滑り込んだ。
  こんな早朝とはいえ、駅はすでに活動を始めていた。たくさんの乗客や職員が動いている。まだ寝足らないので、駅の喫茶店でホットコーヒーを飲んで目を覚ます。5:30ころタクシーでホテルに向かう。さすがに渋滞はないが、もう開いている食堂や屋台もあるし、開店準備で忙しい店もある。バンコクの一日はすでに始まっていた。
[終わり]
(この後、バンコクで数日を過ごし、1月5日に帰国した)
午前中、ホテルで休憩
12:00ころ昼食。昨日と同じカイヤーン屋にて、85B
ソンテウNo.3でロータスまで、5B
15:30 ロータスからソンテウNo.3で街へ、5B
歩いてホテルへ帰着
16:45 ホテルからトゥクトゥクで鉄道駅まで、60B
17:00 ウボン駅に到着。駅の食堂で軽い夕食、105B
17:55 ウボンを定刻通り発車。(切符は行きのドーンムアン駅で購入。1等1080B)
1月2日
4:50 バンコク・フアラムポーン駅到着
タクシーでホテルまで。65B
マンハッタンホテル 1泊990B(朝食付き)-1月5日まで3泊(ネット予約)
up

linkbar HOME MekongTOP UbonRatchathaniTOP KhmerRuinsTOP back next