titlelinkbar HOME MekongTOP UbonRatchathaniTOP back next
ウボンラーチャターニー 見どころ紹介 (1)   市内のみどころ  このページの内容 
◇ワット=トゥンシームアン
◇ワット=スパッタナーラーム
◇国立博物館
◇ワット=ノーンブア
 関連ページへのリンク 
◆見どころ
 市内のみどころ
 コーンチアム周辺
 ラオス国境(チョンメック)
旅日記から・・・・ウィエンチャン→ルアンパバーン '99.12(3ページ)
A Big Candle in AP, click to enlarge 空港に飾られている大きなろうそく
  メコン川の支流・ムーン川の左岸(北側)に市街が広がっている。高い建物はほとんどないが意外に広いので、移動にはソンテウを上手に利用したい。町には雰囲気のいい寺院がいくつか点在する。

◇ワット=トゥンシームアン วัดทุ่งศรีเมือง
Wat Supatanaram, click to enlarge 池の上に立つ、美しい経蔵
  境内に入ると、池の上に立てられた美しい経蔵が目に飛び込む。隣のウボーソット(布薩堂)の内部は、約200年前の人々の生活を描いた壁画で埋め尽くされている。
由来  ラーマ3世(在位1824-51年)、当時のウボン僧団長であったアリヤウォンサーチャーン師が建てた。師はかつて雨安居を過ごしたバンコクのワット=サケートから仏足石のレプリカを持ち帰り、それを祀るお堂を建てた。それが今日のウボーソットとなった。
経蔵(ホー=プラトライピドック、Ho Phra Traipidok)  木製の建物で、見た目にもバランスがよくスマートな印象を与える上に、水面に姿が映ってさらに美しさを増している。池の上に建っているのは、大切な経典類をアリなどから守るためで、橋を渡って建物の中に入ると、実際に貝葉(ばいよう=ヤシ科の多羅樹の葉を長方形に切って乾燥させたもの)に書かれた経典が保管されていた。
Wat Thung Si Meuang, click to enlarge 布薩堂内部の壁画
Wat Thung Si Meuang, click to enlarge 布薩堂内部。仏像の前に仏足石が祀られる
ウボーソット  1829年にラオスのウィエンチャンの名工によって建てられ、ラタナコーシン朝初期の様式とランサーン様式が混交したものだという。中には仏像が安置され、それを囲むように当地の人々の生活を描いた壁画で飾られていた。
町の中心、ルアン通りにある、塀に囲まれた大きな寺院
上へ戻る

◇ワット=スパッタナーラーム วัดสุปัฏนารามวรวิหาร
Patu Xai, click to enlarge布薩堂全景
由来  仏暦2393(西暦1850-51)年、当時のラーマ4世王が信仰されていたタンマユット派の寺院として建立され、ラーマ4世王が「よい波止場に適した場所に立つ寺院」という意味の寺名をつけられた。
見どころ  ウボーソット(布薩堂)は幅20m、奥行き34m、高さ22mと堂々たる大きさで、屋根はタイ、中央は西洋、基部はカンボジアの様式で建てられている。
  また、本堂に飾られている、タイ最古のクメール式の石彫のリンテルと、タイ最大の木製の梵鐘が有名である。リンテルは残念ながら見つからなかったが、梵鐘は本堂の前の鐘つき堂に収められていた。
町の南西部、ムン川に近いところにある。
上へ戻る

◇ウボンラーチャターニー国立博物館 พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติอุบลราชธานี
National Museum, click to enlarge 国立博物館の入口
建物 仏暦2461(西暦1918-19)年に県庁舎として建てられ、のちに博物館となった。
展示 パーテムの岩絵のレプリカ、ドンソン文化の青銅製の太鼓、ドヴァーラヴァティー時代の仏像、ウボン県内のクメール遺跡の写真や出土品など。魚や蛙を捕まえるトラップや、餅米を入れる櫃など、竹でつくられたこの地方の日用品もおもしろい。
町を南北に貫くメイン通り(ウッパラート通り)のそばにある。
開館 毎日9:00-16:00
入館料100B(タイ人20B)
上へ戻る

◇ワット=ノーンブア  วัดพระธาตุหนองบัว
Wat NongBua, click to enlarge 青空に白い仏塔が映える
Wat NongBua, click to enlarge ブッダガヤのものを模した仏塔
  ブッダガヤの塔を模してつくられたという、大きな白い仏塔が特徴だ。実際に仏舎利が祀られているという。仏暦2500(西暦1957)年に、仏滅2500年を記念して建てられたもので、高さ56m、基部は一辺17mの大きさだ。
  中へ入ると仏像が安置されている。塔の外面の表面にはジャータカのいろいろな場面が描かれている。残念ながらジャータカの知識が乏しいので、どういう場面かよくわからない。大きな塔の四方の隅にも、同じような形の小さな仏塔があった。このワットの周辺は静かな住宅街で緑も多く、いい感じのところだった。
街の北のはずれにある
行き方:ソンテウNo.10に乗って、白い仏塔が見えたら降りる。
Wat NongBua, click to enlarge 仏塔の基部
上へ戻る

linkbar HOME MekongTOP UbonRatchathaniTOP back next